ブログ

ステキな中庭のある家!住宅のプロがメリットや実績などを詳しく紹介!

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の濱中です。

 

早速ですが、戸建て(注文住宅)を建てるなら庭付きがいい!と思われる方も多いと思います(^^)

しかし、市街地や土地の広さなどで断念される方もいらっしゃるんではないしょうか?

 

そんな方にオススメなのが、中庭です!!

 

中庭のある新築は増えていて、狭小住宅に中庭が向くという考え方が広まりつつあります。

中庭を作る際には、メリットもあればデメリットも必ずあります。

この記事でデメリットも充分に把握し、不安を解決、後悔しない住宅を建てられるようにしていただけたら嬉しいです^^

 

 

それでは、内容に入ります!まず、

 

【中庭とは?】

壁や建物で囲まれた屋根のない空間のことをいいます。

 

【中庭の形は一種類ではない】

中庭は一般的にコの字型ロの字型があります。

文字の形そのままですが特徴も一緒にお伝えしていきます。

 

《コの字型》

建物をコの字にし、中庭をつくるので広くない土地でもつくることができます。

また、中庭を囲み切っていないので、広々とした庭をつくることもできますし、目隠し塀をつくればプライベートな中庭になります。

このように、お客様の目的に合わせて様々な提案ができる中庭です^^

 

 

《ロの字型》

建物をロの字にして、真ん中に庭をつくるのがロの字型です

完全なプライベート空間になりますし、中庭を通して向かいの部屋が見え、家の広さをより感じることができます。

 

 

 

【中庭のメリット】

ここからは中庭のメリットをお伝えしていきます!

メリット1.室内が明るくなる

市街地や住宅街など、建物や住宅が密集している場所では部屋に光が入りにくい場合や、近くに建物が建って日差しが遮られる場合があります。

日が入らなければ室内が暗くなりせっかくの新築が残念な結果となってしまいますよね💦

中庭があれば、周囲の環境を気にせず安定して光が部屋に入ります。

 

メリット2.人目を気にせずカーテンや窓を開けることができる

道路側や人通りがあると、カーテンを開けにくいですが、壁や建物で人目を遮るので、カーテンや窓を開けれるんです。

いつでも窓を開けれるので、新鮮な空気をお家の中に取り込めますね♪

 

メリット3.安心なプライベート空間がもてる

小さなお子さんがいても、外で道路に面した庭だと車が心配ですが、中庭があると防犯面でも安心して遊ばせることができます。

さらに、バーベキューやDIYなど、大人も有意義に楽しめます♪

 

 

【中庭のデメリット】

続いて中庭のデメリットをお伝えしていきます!

デメリット1.間取りが制限される

中庭を設けるとその分居住スペースが少なくなり、部屋数が少なくなったりします。

また、ロの字型の中庭は、庭を建物で囲うので、ある程度の広さの土地が必要になります。

 

デメリット2.コストがかかる

中庭を取り入れるとなると、建物をコの字型やロの字型に設計しないといけない為、必然的に壁面が多くなり建築費用がかかってしまいます。

合わせて、外構工事費用や照明や給排水等の費用も発生するので、コストがかかります。

 

デメリット3.浸水と虫

中庭をつくるにあたって、気を付けないといけないのが、排水です。

しっかりと計画排水をしないと、大雨の際に水が溜まってしまい、家の中にまで浸水してしまいます。

その為に、枯葉や土が排水に詰まらないように日常的にお掃除が必要になります。

また、強風の影響を受けにくく、日当たりも草木もある中庭は虫にとって好環境です。

さらに、恒常的に水溜まりができると、そこから蚊や虫が発生しやすい環境になってしまいます。

 

 

デメリットもいくつかありますが、建房では少しでもデメリットを改善する提案をさせて頂いております!

 

 

ここからは建房で実際に提案させて頂いた中庭をご紹介!

※画像は全てクリックすると拡大します

 

【NO.1:お手入れ楽々、省スペースでも光を取込む中庭】

こちらは玄関の横に中庭をつくりました。

リビングが道路側にあるので、目隠し塀と中庭をつくることによって、視線を遮りつつ日光も取り入れることができました。

コンクリートにすることで、お手入れも楽になりますね♪

外から建物を見るとこんな感じです。

外からお家の中は見えないので、安心ですね(^_-)

 

 

【NO.2:玄関ホールも明るくなる中庭】

玄関ポーチの延長に中庭をつくりました。

玄関周りだと、間取りにあまり影響せずに中庭をつくることができます

小さなお子様が玄関から外に元気に飛び出しても中庭があるので安心ですね♪

目隠し塀があるので、玄関に大きい窓を設置しても外からは見えません!

外から日光がたっぷり入るので明るい玄関になり、施主様にも喜んで頂きました(^^)

 

 

【NO.3:周りに高い家があっても光が沢山入る中庭】

南面に家が建っていて日光が入りにくい為、リビングの隣に中庭をつくりました。

外壁があるので、外からも見えませんし、白の外壁で光を反射して、リビングに光を取り込んでいます!

外壁の一部を開けることで、光と風を取り込みやすくしていますが、通行人の目線より高い位置に開けているので覗かれる心配もありません。

中庭をリビングの一部として設計しているので、お子様も中庭とリビングを元気に走り回って遊んでいるそうです(*^-^*)

 

 

【NO.4:完全プライベートな平屋の中庭】

こちらはロの字型の中庭です。

中庭を部屋で囲っているので、どの部屋も光がたっぷりと入ります。

広いスペースの中庭にウッドデッキを敷くことで、用途が広がりますね♪

プライベートガーデンがご希望だった奥様にも大満足して頂きました(^^)

 

 

【NO.5:色々なことができる解放感ある中庭】

こちらはコの字型の中庭です。

開放感もあり、大人数で遊んだり、バーベキューもできますね♪

芝生を敷いているので、お子様が転んでも安心ですね^_^

ウッドデッキに座って日向ぼっこや天体観測もできちゃいますね。

中庭で何をしようかワクワクします!

 

 

いかがでしたか?

建房では、ご要望や土地の合わせて色々な中庭の提案が出来るんです!

 

 

その他のオシャレな空間や施工事例はコチラからご覧ください☆

 

 

現在、こんなデザインがいいなぁ~、こんな機能が欲しいなぁ~など、疑問や不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください!

もちろん、中庭だけではなく、外観や内装、土地、ローンに関してでも大丈夫です!!

建房には様々なお悩みを解決できるスペシャリストが揃っていますのでご安心ください!!

皆様の後悔を一つでも減らせるよう全力で考えご提案します^^

先ずは、お気軽にご相談ください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事