お役立ち情報

流行中のおしゃれな軒ゼロ「箱の家」のリスクとは?

軒ゼロの家「箱の家」のメリット

最近では、軒のない家、軒ゼロの家の人気が高まっています。

軒がないことで、外観がすっきりし、シンプルモダンな作りになるので、そのおしゃれさが魅力となって流行っているのです。

また、軒ゼロということは屋根の面積が通常よりも少なくなるため、コストを抑えることができるのも人気の1つでしょう。

ですが、おしゃれな軒ゼロの家にはその分リスクもあります。

ここではそんな軒ゼロの家のリスクについてご紹介します。

軒ゼロに生じる外壁のリスク

軒は外壁よりも出っ張っていることで壁や窓を雨風から防ぐ役割を持っていました。

しかし、軒がない状態だけその雨風を遮るものがなくなってしまうため、外壁の劣化・汚れが軒のある家よりも発生しやすくなります。

ですので、軒のある家よりもこまめなメンテナンスが必要になります。

外壁がサイディングとモルタルの場合で生じやすいそれぞれのリスクについてご説明します。

外壁がサイディングの場合
:パネルの継ぎ目のシーリング材が劣化しやすくなり、劣化した部分から雨が入り込んで柱や壁を腐らせてしまう
モルタル壁の場合
:雨風に晒され続けると、クラックが発生し、ヒビ割れから水が侵入してしまう可能性がある

軒ゼロのオシャレな家を希望なら家づくりのプロへ

家のおしゃれさやローコストを考えると軒ゼロの家は魅力的です。

しかし、家を建てた後のメンテナンスを考えたり、軒のないことのデメリットを考えると少しリスクが多いようにも見受けられます。

それでも軒ゼロの家を建てたい、という方は事前に軒ゼロの家のリスクを学び、家を建てた後のメンテナンスについてもしっかりと計画するようにしましょう。

軒ゼロの家については、住宅のプロにたくさん聞き、建ててから後悔しないよう勉強することが必須です。

建房でも軒ゼロの家の事例がありますので、ぜひご相談くださいね。

まとめ

軒ゼロの家ももちろんですが、どんな家を建てるにしてもメリットデメリットが存在します。

また、リスクも少なからずありますので、しっかりと理解した上で納得のいく結論を出すようにしましょう。

軒ゼロのメリットでもあるデザイン性とローコストもとても大きな魅力のひとつです。

自分たちの素敵なマイホームの夢の実現を応援しています。

参考記事

ttps://kenbo.co.jp/information/oyakudachi/japanese-house-2/

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 日本家屋に昔からあった軒のメリット3つを紹介

  • 屋根の裏側の軒の各部分の名称と材質をご紹介

  • 建物の脇役?実は庇にはこんなにもたくさん効果がある