お役立ち情報

自分の庭で地植えできる植物を紹介 ワイヤープランツ、ヒューケラ、ハツユキカズラ

地植えは自分の家だからこそできるガーデニング

マイホームの庭をガーデニングして、自分の家を美しくしたいですよね。

自分の敷地内であれば賃貸やマンションと違って「地植え」することが可能です。

今回は「地植え」についてご紹介します。

 

そもそも地植えって?

直接地面に植物を植える造園方法を「地植え」といいます。

アパートや賃貸だと地植えはできないため、プランターなどを使ってガーデニングされると思いますが、マイホームであれば地植えして植物を育てることができるのです。

ただ、地植え向きの植物もあれば、鉢植えの方が良い植物もあるので、植えたい植物の性質や合った環境を確認して植え方を決めましょう。

 

地植えできる植物3品種紹介

地植えは鉢植えのように自由に動かすことができないので、植えたい場所の日当たりや水はけ、風通しの具合によって環境に合う植物を選びましょう。

地植えでよく採用される品種3つをご紹介いたします。

 

ワイヤープランツ

特徴:

・小さくて可愛らしい葉っぱ

・鉢植えでも人気

日当たりに関係なく育てられる

・丈夫でよく育つ

注意点:

・乾燥に弱い

・水切れを起こしやすい

・育ちすぎて道路や隣地まで伸びることがある

対策:

・こまめな水やり(ただし、水野上げ過ぎは根腐れの原因となる)

・こまめな剪定

 

ヒューケラ

特徴:

・寄せ植え、鉢植えでも人気

・適度な植え替え(3〜5年に1度)で長持ちする(植え替えは土の栄養を保って植物を長持ちさせるために地植えであっても必要だが頻度や植え替えの有無は品種によって異なる)

日陰でもよく育つ

注意点:

・高温多湿に弱い(夏に特に注意が必要)

対策:

・夏の水やりは涼しい時間帯に行う

 

ハツユキカズラ

特徴:

色合いが個性的で、秋になると紅葉が楽しめる

・春〜初夏、秋に植える

注意点:

・水はけの良い土を好む

・乾燥すると葉が落ちる

対策:

・植える場所の土の状態をよく確認して植える

・地面が乾燥しすぎないように水やりをしっかり行う(表面が湿るくらい)

 

マイホームの庭で地植えを楽しみたい方は建房へ

マイホームだからこそ自分の敷地で楽しめるのが地植えです。

たとえ狭小地であったり庭が狭くても、できる範囲で庭を作って地植えを楽しみたいという方も多いはずです。

建房では土地探しからガーデニングについてのアドバイスも行っております。

マイホームでガーデニングをしたい方は、土地探しの段階からご相談いただけましたら的確なアドバイスをさせていただきます。

外構プランについてもご提案いたしますので、マイホームでのガーデニングの夢を実現したい方はぜひ建房にご相談くださいね。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 間接照明3種類をご紹介 取り入れやすい間接照明で室内を手軽にオシャレに演出

  • パッシブデザイン 「日射遮蔽」の代表「南側の深い庇」の特徴とは

  • 住宅設計で熱の動きをコントロール 幅射・対流・伝導を理解する