お役立ち情報

「エアプランツ」とは?インテリアにおすすめの理由と飾り方

エアプランツをご存知ですか?

土がなくても育つ不思議な植物です。

その見た目から、作り物のように思えますが実際に生きている植物なんですよ。

この記事では、エアプランツがインテリアにおすすめの理由と、エアプランツの魅力を引き出す飾り方について解説します。

 

エアプランツがインテリアにおすすめな理由

エアプランツは土がなくても育ちます。

空気中の水分を吸収して育つので基本的に水やりも不要です。

ただし、時々霧吹きで水を吹きかけたり、乾燥が激しい場合は水に浸けてあげる必要はあります。

ですが、こまめな水やりなどの世話が必要なく、忙しい家庭でも取り入れやすい植物ですよ。

また、土や鉢植えが不要なため飾り方に制約がなく、様々な方法でインテリアに取り入れることができます。

 

エアプランツの魅力を引き出す飾り方

・そのまま置く、他の素材と組み合わせる

気軽に飾ることができるのがエアプランツの魅力です。

窓辺やカウンターの上にそのまま置いたり、お皿などに載せて置くだけでも充分インテリアになります。

また、貝殻やビーズ、木片など、他の素材と組み合わせて飾ってもおしゃれです。

好きなものと組み合わせて様々な飾り方ができるため、自分好みのインテリアにすることあでき個性を出すこともできます。

土がなくても育つエアプランツならではの飾り方ですね。

 

・吊るす(ハンギング)

エアプランツは土が不要で軽いため、ハンギングに向いています。

通常の鉢植えもハンギングして飾ることもありますが、重さがあるものはどうしても落下の危険性があります。

エアプランツは本体のみを吊り下げることができ、軽いため落下しても危険はありません。

ハンギングはエアプランツの良さを活かせる飾り方ですね。

 

・壁に掛ける

壁に飾ることができるのも、土がいらないエアプランツならでは。

ワイヤーネットに引っ掛けたり、コルクボードに刺したりと様々な方法で飾ることができます。

壁に飾れば、狭い空間でも植物を飾ることができますよ。

 

まとめ

土がなくても育つエアプランツ。

その不思議な魅力を活かした飾り方をご紹介しました。

エアプランツは土がいらず、水やりの手間もかからない植物なので取り入れやすい植物です。

エアプランツを取り入れて、植物のある暮らしを楽しんでみてください。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • エコでお得に!省エネ住宅で受けられる補助金制度とは?

  • 頭金はどれくらい用意すべき?目安金額と注意点

  • 本当に大丈夫?頭金なしで借りれる住宅ローンのリスクとは