お役立ち情報

「性能規定」「仕様規定」とは?建築確認申請・住宅性能表示の規定について

「性能規定」「仕様規定」って何?

まず、建築確認申請と住宅性能表示について簡単に説明します。

建築確認申請

:建築基準法を満たすかどうかを図面や提出書類で審査し確認すること

住宅性能表示(品格法)

:建築基準法よりも高い性能を保証するもの

これらの中では「仕様規定」「性能規定」という言葉が頻繁に出てきます。

これらの規定についてご説明いたします。

「性能規定」と「仕様規定」の違いとは?

規定とは、建物に関わる法律や政令、省令、条例など、建築基準法以外で満たす必要がある決まり事のことをいいます。

例えば、高断熱住宅の断熱性能・省エネ基準を審査するときに使われます。

「仕様規定」

:寸法や形など、建物の部位ごとに細かく規定が設けられ、使用する材料が事細かく決まっている

「性能規定」

:建物全体で求められている規定が設けられている

断熱性・耐震性などの住まいの性能が実際のところどうなのか、数値を割り出して客観的に評価するための規定

以前までは、仕様規定が主流でしたが、近年法改正されて性能規定化が推進されているのが最近の動きになっています。

これは性能規定の方が仕様規定よりも柔軟に様々な家づくりができるため、施工者は性能規定の方がわかりやすい内容だということなのです。

まとめ

建築確認申請、住宅性能表示では、先述した性能規定と仕様規定のどちらも使われています。

この2つの規定をきちんと理解することで、マイホームを快適で過ごしやすい家づくりができるのです。

 

建房では快適なマイホームづくりに一から向き合います。

いつでもお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 錆は倒壊の危険が!鉄骨住宅を守るための防錆措置について

  • 人気のALC(軽量気泡コンクリート) その理由は結晶構造のキメの細かさにある

  • 建築基準法違反の無窓居室 自然換気と自然採光の必要性