お役立ち情報

バリアフリー住宅は子育てやペットにも役立つ?おすすめのアイデアをご紹介

バリアフリー住宅というと、高齢者や身体障害者のための住宅というイメージが強いかもしれません。

ですが、バリアフリーのアイデアは子育てやペットのいるお家でも役立つのをご存知ですか?

新築の家を建てるときには将来のことを考えてバリアフリー住宅にするのもおすすめです。

この記事では、将来のためだけではなく今すぐ役立つバリアフリー住宅のアイデアをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

子育てにやさしいバリアフリー住宅のアイデア

広い浴室スペース

バリアフリー住宅では、車椅子の方でも入れるように、また介助しやすいように浴室や洗面脱衣室のスペースを広く取ることがあります。

このスペースは子育てのときにも役立ちます。

子供が小さい頃は、親と一緒にお風呂に入ったり、着替えを手伝ったりする場面も多いですよね。

そんなときに、浴室や脱衣室が狭いと窮屈ですが、広ければ子供と一緒に入っても窮屈にならないでしょう。

また、特に朝は会社や学校に行く準備でみんなが洗面所を使います。

そんなときも、スペースが広ければ順番争いにならず、余裕を持って使えます。

 

滑りにくい床材

バリアフリー住宅で、転倒防止のために使われる滑りにくい床材。

フローリングは硬いため、転倒すると思わぬ怪我に繋がります。

そして、それは高齢者や身体障害者だけではなく子供も同じです。

家の中で遊んでいるときに、転んでしまう危険性がありますよね。

そのため、滑りにくい床材は子供の怪我防止にもなります。

 

ペットにやさしいバリアフリーのアイデア

寒暖差の少ない家

夏の暑さや冬の寒さは、人間だけでなくペットの健康や体力にも悪影響が出てしまいます。

バリアフリー住宅では、温度差による体調不良や入浴時のヒートショック現象を防ぐため、家の中の温度差が少なく、温度が一定に保たれるよう設計されます。

温度差が少ない家は、ペットの体への影響も少なく、過ごしやすい家であると言えます。

 

滑りにくい床材

つるつると滑りやすいフローリングは、実はペットにとっては危険。

爪がすべってしまい、うまく歩くことができなかったり滑って転んでしまう危険性があります。

また、腰への負担が大きく、腰を悪くしてしまったり筋力が低下してしまうことも。

高齢者にもこどもにもやさしい滑りにくい床材は、ペットにとってもうれしいものなのです。

 

まとめ

バリアフリー住宅には、高齢者や身体障害者だけではなく、子供やペットとの暮らしにも役立つアイデアがいっぱいです。

ぜひ、将来の生活のためだけではなく今の生活にも役立つバリアフリー住宅のアイデアを取り入れてみませんか?

バリアフリー住宅が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • キッチンの使い勝手が変わる!意外と重要なキッチン照明の選び方

  • 安全な鍵の受け渡しを実現する「スマートキーボックス」とは?

  • ひと味違ったリラックス空間!室内ハンモックの魅力とは