お役立ち情報

マイホームで子供と一緒に楽しめる植物選びと庭づくり

新築の家に子供が遊べる庭を作るには?

広い土地があれば、空いたスペースを庭として使いたいという方も多いでしょう。

狭小地だとなるべく建物を広く取っておきたい方もいるかと思いますが、庭があって植物があるのは子供の心の教育にも良いといわれています。

もちろん、大人にとっても癒し効果があるので、少しのスペースでも庭を作ることをお勧めします。

近所の公園等に緑を眺めに行ったり、子供との教育の場にしたりすることも代替案として良いと思います。

しかし自分たちのプライベートなスペースとして庭であれば、他人の目を気にせずリラックスできますし、子供を安心して遊ばせることができます。

家事をしたい時もすぐに取り掛かれるので、庭があることはメリットが多いのです。

 

子供と楽しめる植栽とグランドカバーの選び方

庭に植栽やグランドカバー植える際は子供と一緒に楽しめるものを選ぶようにしましょう。

例)

・実がなる植栽(子供と一緒に食べられるものなど)

・虫や鳥が寄ってくる植栽(一緒に虫取りをしたり、鳥小屋を作って観察できたりするものなど)

また、子供の成長に合わせて庭の植物を植え替えたりして、一緒にガーデニングを楽しむのも手です。

最初は育てるのが簡単な植物にして、子供の年齢が上がったら育てるのが難しい植物に徐々に変えていくと子供の教育・成長にも繋がります。

 

子供もペットも安心して遊べる門扉付きの庭

小さい子供がいると、庭で遊ばせるにしても少し心配なところがありますよね。

そんな時はフェンスで囲い、門扉を付けるようにしましょう。

子供が道路に飛び出さないように工夫すれば、家事や掃除をしながらでも庭で子供を安心して遊ばせられます。

フェンスや門扉があればペットを庭で遊ばせることもできます。

 

建房では庭も確保できる土地探しも承ります

マイホームに駐車場と庭のどちらも作りたいという場合、土地はある程度広い面積でなければなりません。

庭や駐車場を確保して家も自分たちの理想的なものにしたいというご要望でも、建房では注文住宅でご提案できます。

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 間接照明3種類をご紹介 取り入れやすい間接照明で室内を手軽にオシャレに演出

  • パッシブデザイン 「日射遮蔽」の代表「南側の深い庇」の特徴とは

  • 住宅設計で熱の動きをコントロール 幅射・対流・伝導を理解する