お役立ち情報

コンクリート打設中の雨!一度きりの基礎工事を成し遂げるために

建物の基盤となる「基礎工事」

これから家づくりをする人にとって、基礎工事は重要な工程と感じていない方も多いのではないでしょうか。

おそらく施主様にとってみると家が実際に建ち上がる棟上げの方が重要で、家が建つ実感も持ちやすいでしょう。

しかし、基礎工事は家づくりの始まりであり、丈夫な家を建てるために重要な工程です。

また、基礎工事の始まりはハウスメーカーや工務店との関係が始まったばかりの時期でもあります。

つまり、信頼が出来上がる途中だということです。

しかも基礎工事が始まってしまうと、その後にハウスメーカーや工務店を変更するといったことも不可能になります。

そのため、施主様にとって「これでよかったのか」と最も不安になりやすい時期です。

 

コンクリートの気泡は問題ない?基礎工事の打設・養生について

基礎工事の出来上がりは、基礎工事の施工者によって品質がかなり異なるというのが実態です。

施主様が基礎工事でコンクリートを確認し「気泡が出ている」のに気づくこともあります。

コンクリート打設時、基礎に形どられた枠に材料を流し込みますが、そのときにどうしても空気も一緒に枠内に含まれてしまいます。

入ってしまった空気はバイブレーダと呼ばれる機械を使って空気を吐き出します。

しかし、バイブレーダを使っても空気が吐き出しきれないこともあり、その吐き出せなかった空気が気泡となり、コンクリートに残ってしまいます。

この気泡を「あばた」と呼びます。

あばたが少なければ良いのですが、もしあまりにも多くあると基礎そのものの強度にも影響するため、施工者の技術にかかっている部分も大きいです。

 

基礎工事は晴れの日に!しかし途中で突然の雨が・・・

コンクリート打設の日は晴れたときにやるのが基本です。

しかし、天気は突然変化することがあります。

打設中に雨がふり、固まる前の生コンに雨水が混ざってしまう可能性もあります。

生コンに雨が混ざると、生コン内のアルカリ性が弱まってしまい、鉄筋が錆やすくなってしまいます。

これは雨が混入することで「水セメント比」が低下してしまうことが原因です。

基礎工事は専門的な要素も多いですが、家づくりには欠かせない工程です。

悔いのない良い基礎に仕上げてもらうためにも、基礎に関する勉強・研究をすることは非常に大切なことといえるでしょう。

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 間接照明3種類をご紹介 取り入れやすい間接照明で室内を手軽にオシャレに演出

  • パッシブデザイン 「日射遮蔽」の代表「南側の深い庇」の特徴とは

  • 住宅設計で熱の動きをコントロール 幅射・対流・伝導を理解する