お役立ち情報

憧れのコンサバトリー、ガーデニングだけではないその使い方とは?

コンサバトリーという言葉を聞いたことがありますか?

元はガーデニング用語であるコンサバトリーですが、最近ではガーデニング以外でも家づくりに取り入れられることもあります。

おしゃれでひと味違った空間が楽しめるコンサバトリー。

今回は、そんなガーデニングだけではないコンサバトリーの魅力や使い方をご紹介します。

 

コンサバトリーとは

コンサバトリーとは、屋根や壁がガラス張りで造られたガーデンルームの一種です。

もともとは、フランス語の「保存する」(conserve)という言葉が由来で、果物などの保管庫として使われていました。

それが、ガーデニングの国であるイギリスでガーデニングの用途として発展したものです。

コンサバトリーはガラス張りで、特に断熱材なども使われていないため、一見寒そうに見えますよね。

ですが、太陽光がたっぷり差し込むため、冬でも天気のいい日は暖かく過ごせるんですよ。

ガラス張りで日光が降り注ぎ雨は防げる、室内とも屋外とも違う空間、それがコンサバトリーです。

現在では、ガーデニングがメインではなくサンルームのような使い方など、様々な用途に発展しています。

次に、非日常な空間が楽しめる、コンサバトリーの使い方をご紹介します。

 

コンサバトリーはこんな使い方もおすすめ

ガーデンルームとして発展したコンサバトリー。

現在ではガーデニングのためだけではなく、様々な使い方がされています。

例えば、ティータイムを楽しむスペースとして使ったり、ペットのためのスペースにしたり。

リビングとつなげて日当たりの良いリビングの一部として使用するのもおすすめです。

日当たりがいいため、くつろぐためのスペースとして使うのも良いでしょう。

もちろん、植物を置いて本来のようにガーデニングのために使用するのも良いですし、他の趣味のためのスペースとして使うのも良いですね。

ちょっと特別な空間としてコンサバトリーを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

非日常でおしゃれな空間が魅力のコンサバトリー。

自分だけの特別な空間として、取り入れてみるのはいかがでしょうか。

注文住宅なら、様々な自分だけのこだわりを取り入れることができます。

コンサバトリーを取り入れた家づくりが気になったら、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 春の味覚を味わおう!食べられる「春の野草」をご紹介

  • 家事の負担を減らそう!食洗機のメリット・デメリット

  • 暮らしやすい間取りとは?「回遊動線」のメリットとデメリット