お役立ち情報

新築で犬を飼うときに気をつけたい注意点とは?

一軒家なら犬との暮らしが叶う

賃貸住宅はペット禁止の物件が多いため、犬を飼いたくても飼えないという方も多いかもしれません。

そのため、家を建てたら犬を飼いたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

また、現在犬を飼っているという方も、もっと快適な家で犬と一緒に暮らしたいという希望があるかもしれません。

せっかく新築住宅を建てるなら、愛犬と快適に暮らせる理想の家を建てたいですよね。

ですが、新築住宅に犬と暮らすなら気をつけておきたいポイントがあります。

この記事では新築住宅で犬と暮らす際の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。  

 

新築住宅で犬を飼うときの注意点

ソファや家具を噛んで傷つけてしまう

新築住宅を建てるときは、新しい家に合わせてソファや家具を新調することも多いでしょう。

ですが、犬にはものを噛む習性があります。

特に子犬は、歯の生え変わる時期は痒くなり、ものを噛んでしまうことがあります。

また、運動不足やストレス発散などが原因でものを噛んでしまうこともあるでしょう。

そのためせっかく新しくしたソファや家具が傷ついてしまう可能性があるかもしれません。

そうならないための対策として、犬が運動不足になったりストレスをためてしまわないように、きちんと散歩に連れて行ってあげることが大切です。

また、犬の性格にもよりますが、ものを噛まないようにしつけをすることも必要かもしれません。

 

フローリングは犬にとっても危険

犬の爪が伸びていると、歩くたびにフローリングが爪で傷ついてしまうかもしれません。

またフローリングは傷がつきやすいだけではなく、犬の足腰にも負担がかかると言われています。

また、フローリングは犬にとっては滑りやすく、転倒の危険性もあります。

対策として、犬が過ごす場所にはなるべくカーペットやマットを敷くようにしましょう。

コルクマットや、ペット向けの滑り止めシートなども売られているので、そういったものを取り入れるのもいいかもしれません。

また、犬の爪をこまめに切ってあげることも大切です。

 

まとめ

せっかく家を建てるなら、犬も人間も快適に過ごせる家にしたいですよね。

注文住宅なら、犬と人間の双方が快適に暮らせる家を実現することができます。

ですが、このように注意しなければならないこともあります。

どんな家にしたらいいか迷われる場合は、ぜひ家づくりの専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 在宅介護を見据えた家づくりの必要性と、知っておきたいこと

  • バリアフリー住宅は子育てやペットにも役立つ?おすすめのアイデアをご紹介

  • 入浴介助のためのシャワーチェア選びのポイントとは?