お役立ち情報

液状化現象っていったい何?家を建てる際に気をつけたいポイントとは

地震のときに起こる、土地の液状化現象。どういった現象で、何が原因で起こるかご存知ですか?

家を建てたあとに、その土地で液状化現象が起こってしまったら大変です。

そこで今回は、家を建てる際に気をつけたい土地の液状化現象について、原因や対策を交えて解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

液状化現象とは

液状化現象とは、通常の状態では固い地面が、地震が発生した際に液体状になってしまう現象のことです。

地面がまるで液体のように一時的にやわらかくなり、建物を支える力がなくなってしまうため、大きな被害が起きてしまうのです。

液状化の起こる地盤には、いくつかの条件があります。

同じ成分や一定の大きさの砂が堆積している地盤が、地下水で満たされている場合に液状化しやすいと言われています。

そういった地盤に地震の揺れが伝わると、ゆるくつながっていた砂と水がバラバラになり、水が地表に噴出し地盤が崩れてしまうのです。

 

家づくりにおける液状化現象への対策とは

液状化現象が起こると、建物重量が軽く基礎が浅い木造住宅は、傾斜や沈下などの被害を受ける可能性が高くなってしまいます。

そうならないために対策しておく必要があります。

まずは、液状化しやすい土地を避けることが重要です。

これは、地形によって見分けることができます。

山地や台地などは、液状化しやすい条件が揃っていることが多いです。

また、ハザードマップでも液状化しやすい土地を確認できます。

まずはそういった土地を避けるようにしましょう。

とはいえ、液状化しやすい土地だとわかっていれば、事前に対策を打つこともできます。

地盤改良工事を行って液状化を起こしにくくしたり、建物を液状化に強い設計にするという方法があります。

建物を建てる際には、均一に重さのかかる正方形の形にする、負荷を分散させることのできるベタ基礎にする、などの設計をすると良いでしょう。

 

まとめ

もしも家を建てたあとに土地が液状化してしまったら、住宅に被害が出る可能性が高くなってしまいます。

住宅を補修するのにも費用や時間がかかってしまい、生活に大きな支障が出てしまうでしょう。

そうならないために、液状化しやすい土地かどうか前もって確認することが大切です。

また、液状化しやすい土地であれば事前に対策を立てることも重要です。

もしも土地の液状化について、またその他家づくりの際に気になることがあれば、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 在宅介護を見据えた家づくりの必要性と、知っておきたいこと

  • バリアフリー住宅は子育てやペットにも役立つ?おすすめのアイデアをご紹介

  • 入浴介助のためのシャワーチェア選びのポイントとは?