お役立ち情報

最長50年の全期間固定金利住宅ローン!フラット50の必須条件は長期優良住宅

フラット50にはどんなメリットが?

住宅ローンも様々な種類がありますが、ずっと固定金利で安心して組める住宅ローンに「フラット35」がありますよね。

フラットを利用して家を建てる方の場合、最長35年の全期間固定金利住宅ローン制度であるこのフラット35を利用される方が多いのではないでしょうか。

今回は「フラット50」についてご紹介します。

フラット50は、最長50年の全期間固定金利住宅ローン制度のことをいいます。

フラット35と比較すると、以下の2点の違いが出てきます。

1、利子率が小さく設定されているのはフラット35

2、償還期間が短いのもフラット35

上記を見ると、フラット50よりもフラット35で住宅ローンを組む方がメリットが大きいように感じますね。

では、フラット50を利用するメリットはどのようなものか、これから説明していきましょう。

長期優良住宅でなければフラット50が組めない理由とは

償還期間が長くて利率が高いフラット50は、トータルで見ると返済総額が大きくなります。

ただ、返済期間が長い分、毎月の支払額はフラット35よりも少なくて済みます。

家を建てる方の中には、質の高い住宅を建てたい方も多くいます。

しかし、住宅ローンを組む際、返済負担率の上限に引っかかってしまって融資を受けることができない、という場合が多くあります。

そこで登場するのがフラット50です。

先述したようにフラット50は、毎月の返済額を減らすことができるので、返済負担率の制約に引っかかることなく融資を受けることができ、さらには借入額も大きくすることが可能です。

フラット50は、少し費用が高くなっても高品質で高性能な住宅を建てたい方のための制度ともいえます。

そのため、長期優良住宅の認定を受けていることが必須条件なのです。

コストばかり気にしない品質にもこだわった家づくりをしよう

品質や性能にこだわった家づくりを計画しているとコストもどんどん上がっていきます。

そのため、家づくりの最中で少しでもコストを削減していく方もいるでしょう。

また、「返済負担率」に引っかかってしまって家づくりが難航する方も出てくるのではないでしょうか。

そんな方は、返済できる期間を延長させることが解決の糸口になることもあります。

ただ、返済期間が長くなるということは、ご自分が働いて返す期間が長かったり、場合によっては定年後の収入が見込めない年齢までローンに縛られる可能性があります。

ですので、返済に関するライフプランについて専門家とも相談しながら決める必要があるでしょう。

建房では家づくりの品質とコストについての相談も承っております。

いつでもお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 錆は倒壊の危険が!鉄骨住宅を守るための防錆措置について

  • 人気のALC(軽量気泡コンクリート) その理由は結晶構造のキメの細かさにある

  • 建築基準法違反の無窓居室 自然換気と自然採光の必要性