お役立ち情報

本当に大丈夫?頭金なしで借りれる住宅ローンのリスクとは

マイホームを購入しようと思った時に、多くの人が頭を悩ませるのが頭金の問題です。

確かに、家賃を払いながら頭金を貯めるのは大変ですし、時間もかかりますよね。

最近は、頭金なしでも借りれるローンが増えてきています。

頭金を貯める必要がないので、「すぐにマイホームが欲しい」と思われている方には魅力的かもしれません。

ですが、頭金なしのローンにはメリットだけではなくデメリットやリスクも存在します。

きちんとそういったことも考えて判断しなくてはなりません。

この記事では、頭金なしの住宅ローンのデメリットやリスクを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

頭金なしの住宅ローンのデメリットとリスク

返済額が増える

頭金を用意する場合と比べると、用意しない場合はその分借入金額が上がります。

例えば、3500万円の住宅を購入する場合、頭金なしだと3500万円の借り入れとなりますが、頭金を300万円用意できれば借入金額は3200円となります。

当然、その差額の300万円にも利子がつくので、全額借り入れるとその分返済金額は大きくなります。

ある試算によると、同じ金額の住宅を取得するのに頭金を用意した場合と頭金なしのローンを組んだ場合とでは、毎月の返済額に1万円以上の差が出ると出ています。

もちろん、いくら借り入れるかや頭金をどれくらい用意するかによっても変わりますが、頭金を用意しないということは毎月の返済額が上がるということを理解しておきましょう。

返済期間が長くなる

もしも毎月の返済金額を抑えたいと思った場合、その分だけ返済期間が長くなってしまいます。

その場合、定年退職後まで住宅ローンの返済が続くような計画であれば注意が必要です。

安定した収入を失い、年金生活の中でローンを返済するのは大きなリスクです。

また長期的な返済の途中で急病や怪我など、予期せぬ出費があるかもしれません。

高齢になればなるほど、病気のリスクは高まります。

毎月の返済額を抑え、返済期間を長くすることのリスクも考えておかなければなりません。

 

住宅の売却でローンを完済できない危険性

もし住宅ローンを支払うのは難しくなれば、住宅を売却すればいいと思われるかもしれません。

ですが、当然ながら中古物件は新築のときの価格より価値は下がってしまっています。

頭金なしで住宅ローンを借りた場合、借入金額が大きいため、売却価格より住宅ローン残高のほうが高くなってしまう可能性があるのです。

住宅ローンを支払うのが困難で住宅を売ったのに、住宅の売却では支払いきれなかった住宅ローンだけが残ってしまう結果になるのは大きなリスクです。

 

まとめ

頭金なしの住宅ローンには、すぐにマイホームを取得できるというメリットがあります。

ですが、デメリットやリスクもあることを考えておかなくてはなりません。

無理のない返済計画を立て、安心して暮らせるマイホームを手に入れましょう。

住宅を購入しようと思ったら、住宅ローンや資金計画について、ぜひ一度専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • エコでお得に!省エネ住宅で受けられる補助金制度とは?

  • 頭金はどれくらい用意すべき?目安金額と注意点

  • 新居でのカビ発生を防ぐ!湿度コントロールに大切な換気と調湿のポイント