お役立ち情報

ガスコンロとIHはどっちがいいの?メリット・デメリットを比較

マイホームを建築する際、キッチンはガスコンロとIHのどちらがいいのか迷われている方も多いかもしれません。

以前はガスコンロが主流でしたが、最近はIH調理機器が広く普及してきています。

ガスコンロとIH、実はそれぞれにメリット・デメリットがあるため、よく比較して選ぶ必要があります。

この記事ではそれぞれの特徴や、メリット・デメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ガスコンロのメリット・デメリットは?

ガスコンロのメリット

ガスコンロのメリットは、火力の強さです。

ガスで火をおこして加熱するため、IHに比べると火力が強く、すぐに鍋が高温になります。

また、ある程度火から鍋を離しても火力が伝わるのも特徴です。

フライパンや中華鍋をコンロから離してふるったり、食材を直接火で炙ったりといった使い方ができるのはガスコンロならでは。

また、ガスコンロは使用する調理器具を選ばないのもメリットです。

最近はオールメタル対応でどの素材でも使えるというIHもありますが、そうでない場合はIH対応の鍋やフライパンでないと使えません。

さらに、ガスコンロの場合は電気を使うIHと違い、停電時でも使えるというメリットもあります。

 

ガスコンロのデメリット

ガスを使った火力の強さは料理の際はメリットになりますが、安全面ではデメリットにもなります。

お子さんや高齢者が火に触れてやけどしてしまったり、ガスに引火して火事の原因になってしまう可能性もあります。

また、ガスコンロは掃除がしにくいのもデメリット。特に複雑な形の五徳は掃除が大変ですよね。

さらに、火を使うため周囲の温度も上がり、夏場は特に暑さが増し料理が大変になるかもしれません。

 

IHのメリット・デメリットは?

IHのメリット

IHのメリットとしては、掃除のしやすさが上げられます。

ガスコンロと違い五徳もなく、天板はフラット。そのため、汚してしまってもサッと拭き上げることができます。

また、IHは、ガスコンロと違って火を使わないため、火が直接火災の原因になるということはないでしょう。

さらに、調理中にガスコンロのように周囲が高温になることもないため、特に夏場は快適です。

 

IHのデメリット

IHは、鍋やフライパンの材質によっては使えないものもあることがデメリットとなります。

IH対応の調理器具を揃える必要があります。

また、IHは火災に繋がる心配が少ないのはメリットですが、まったく心配がないというわけではありません。

調理中は鍋やフライパンが熱くなりますし天板も熱くなっています。

また、油が跳ねる危険性もあるため、やけどには注意が必要です。

電気を使って調理するため、停電時に使えなくなるのもデメリットになります。

 

まとめ

IHとガスコンロには、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが合うかは人それぞれです。

キッチンは毎日使うため、自分にあったものを選ぶことが大切ですね。

せっかく家を建てるなら、キッチンにはこだわりたいと言う方も多いのではないでしょうか。

キッチンのデザインや使い勝手で悩まれたら、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 新築でも要注意!チャタテムシの予防策と駆除方法

  • かわいいけど困りもの。庭を荒らす猫の侵入を防止するには?

  • 木の香りに包まれて入浴。檜風呂のメリット・デメリットとは?