お役立ち情報

建てる前にイメージできる!モデルハウスで体感できる3つのこと

図面だけではわからない!実物が見れない買い物

建売住宅を購入する場合、建築済みの物件なら実際に家を見てから購入することができます。

ですが注文住宅を購入する場合は違います。

契約後にどんな家を建てたいかを図面で打合せをして、図面を元に建築するため、契約前にはまだ家がない状態です。

そのため、実際に見てから決めるということはできません。

実際にないものを買うというのは怖いですよね。

そんなときに活用してほしいのが、モデルハウスです。

モデルハウスを見ることで、これから建てつ家のイメージをつかむことができますよ。

この記事では、モデルハウスでわかる3つのことをご紹介します。

 

モデルハウスでわかること

間取りの体感ができる

図面上で間取りを見ていても、なかなか実際のイメージはつかめないですよね。

そんなときは、希望する間取りに近いモデルハウスを見ることで、間取りを体感することができます。

実際にその間取りを見てみると、家事動線や生活のイメージがつきやすいです。

そのため、「この間取りがいい!」とか「ここはもう少し違う間取りがいいな…」といったことが体感できるでしょう。

 

広さのイメージができる

○坪の家とか、○畳の部屋と数字で言われても、あまりピンとこないかもしれません。

モデルハウスでは、この「広さ」も体感することができます。

「20畳のLDKの広さはこれぐらい」「6畳の子供部屋の広さはこれぐらい」と体感でわかるため、とても参考になります。

 

住宅の性能が体感できる

モデルハウスでわかることの3つ目は、住宅の性能です。

高気密高断熱住宅なら、夏は涼しく冬は暖かい断熱性の良さを体感することができますよ。

また、床暖房がついていたらこんなに暖かい、とか、気密性の高いサッシは窓の近くでも寒くない、といったことも体感することができます。

住宅の性能も大切な部分なので、実際に体感して確かめてみてほしいところです。

 

まとめ

話を聞いたり、図面を見るだけでは実際のイメージはつきにくいものです。

モデルハウスを実際に見ることで、図面だけではわからない部分を体感することができますよ。

注文住宅を購入する前には、実際に見て体感できるモデルハウスにぜひ行ってみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは