お役立ち情報

スケルトン・インフィル工法とは?その最大メリットも紹介

スケルトン・インフィル工法とは?

スケルトン・インフィル工法とは、建物の柱や梁、床などの構造躯体であるスケルトンと、住戸の内装や設備などのインフィル部分を分離した工法のことをいいます。

スケルトンとインフィルが分離されているため、躯体部分のスケルトンはそのままに内外装を入れ替えられるため、分譲マンションなどの集合住宅でよくこの工法が使われています。

スケルトン・インフィル工法は、オランダのニコラス・ジョン・ハブラーゲンが提唱したといわれているオランダ生まれの工法です。

では、スケルトン・インフィル工法のメリットについてご紹介します。

スケルトン・インフィル工法が出来た理由

そもそも、スケルトン・インフィル工法はなぜ誕生したのでしょうか?

建物を長く効率よく使うためにどうしたら良いかと考えると、躯体部分が長寿命であることと、内装や設備を柔軟に入れ替えられることが合理的な考え方であるとされます。

建物が長持ちして耐震性が高ければ、そこに長く住むことができるというメリットが生まれます。

ただ、その反面、長く住むことでそこで暮らす家族構成も変化し、内装も劣化していきます。

構造体よりも住宅部分は早く寿命がきてしまうという問題点が出てくるのです。

では、構造体の寿命と、内装・設備の寿命の差を埋めるには、どうしたら良いのか?

これは集合住宅を設計する上で常に問題視されてきました。

長寿命の工法と変更しやすい内装がスケルトン・インフィル工法

スケルトン・インフィル工法の特徴は以下にあります。

・間取り変更が容易
・水道等のメンテナンスが容易

先述したように、構造と内装部分が分離されているため、内装に寿命がきた時に構造を気にせずに入れ替えがしやすいというメリットが生まれます。

この特徴を生かすことで、スケルトン・インフィル工法は集合住宅でよく使われる工法なのです。

最近では一戸建て住宅でもこの工法を使われることが増えています。

メリットは合理的で長期的活用

スケルトン・インフィル工法は整形の際に室内に柱型・梁型が出てきません。

そのため、室内の住空間にゆとりが生まれます。

比較的自由にリフォームができるというメリットがあるので、一戸建て住宅でも使われることが増えてきているのが、このスケルトン・インフィル工法です。

合理的に、そして長期的に使える工法として、スケルトン・インフィル工法は覚えておきましょう。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 新築でも要注意!チャタテムシの予防策と駆除方法

  • かわいいけど困りもの。庭を荒らす猫の侵入を防止するには?

  • 木の香りに包まれて入浴。檜風呂のメリット・デメリットとは?