お役立ち情報

坪単価って何?本体価格とは?注文住宅の価格について知っておきたいこと

注文住宅の価格の表記の中には、「坪単価※ただし本体価格」という表現があります。

しかし、これは「実際に家が建つ建物の価格」ではないので注意が必要。

この「坪単価」だけを見ていると、実際に家を建てようと思ったときに予算オーバーになってしまうことがよくあります。

この記事では、坪単価とは何を表していて、何が含まれていないのか解説します。

 

坪単価とは?

本来、住宅の価格は、その土地の状況やどんな家を建てるかによって大きく変わってきますよね。

ですが、金額の目安となるものがないと、住宅会社の比較検討ができませんし、住宅会社の個性も打ち出せません。

そこで、多くの住宅会社が、家を建てる際に価格が変動する要素をすべて取り払って、誰がどこで建てても変動しない「建物」だけの価格を「本体価格」として表現しているのです。

つまり、坪単価とは「実際建つ家」の価格を坪数で割ったものではありません。

「建物」だけの価格、つまり「本体価格」を坪数で割った金額、ということです。

 

坪単価(本体価格)に含まれていないもの

では、建物だけの「本体価格」に含まれていない費用にはどんなものがあるのでしょうか。

絶対に必要だけど、本体価格に含まれていないものとして、給排水工事費用、ガス配管工事費用、屋外の電気工事費用などがあります。

また、土地の状況によっては基礎工事や地盤改良工事が必要となる場合がありますが、そういった価格も本体価格には含まれていないことがあるため、注意が必要でしょう。

こういった費用を入れると、通常は本体価格の20~30%の費用が必要となります。これが坪単価を見るときの注意点です。

 

まとめ

住宅会社によっても、どこまでが本体価格に含まれているのかは変わってきます。

坪単価だけを見て判断せず、本体価格には何が含まれているのかをきちんと確認するようにしましょう。

わからないことや不安に思われることは、ぜひ住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 在宅介護を見据えた家づくりの必要性と、知っておきたいこと

  • バリアフリー住宅は子育てやペットにも役立つ?おすすめのアイデアをご紹介

  • 入浴介助のためのシャワーチェア選びのポイントとは?