お役立ち情報

地鎮祭をやる意味とは?氏神様をお招きして工事の無事と安全を願う

そもそも地鎮祭って何?

地鎮祭(じちんさい)とは、家を建てる工事の前に行うイベントのひとつで、工事の無事と安全を祈願する儀式です。

「とこじづめまつり」とも読めます。

地鎮祭は神式でやることが多いですが、仏教式やキリスト式もあります。

しかし、最近では無宗教の方も多く、地鎮祭をすべきか悩む方も多いようです。

そこで今回は、地鎮祭をする意味や土地の氏神様についてご説明していきます。

 

地鎮祭は氏神様をお招きする儀式

地鎮祭は、その土地の氏神様をお招きする儀式でもあります。

氏神様に土地の使用の許しを請い、工事が無事に行えるように願う儀式は、日本では昔から行われてきました。

地鎮祭では神主様をお招きして、その土地の土で作られた盛土に初めて鋤と鎌を入れる儀式を行います。

このような儀式を穿初(うがちぞめ)、刈初(かりぞめ)といいます。

地鎮祭を行う際は、その土地の氏神様が誰なのかを都道府県の神社庁に問い合わせて知ることが可能です。

正式にはその土地の氏神様を祀っている神社に地鎮祭をお願いすることが多いですが、最近ではその土地の最寄りの神社や、ハウスメーカー・工務店でお付き合いのある神社にお願いすることが多くなっています。

 

地鎮祭は絶対しなければいけないの?

先述しましたが、最近では無宗教の方も増えているため「地鎮祭は必要ないのでは?」と思う方も時々います。

地鎮祭は必ずすべき儀式でもないので、施主様がやらないと決めたのであればそれでもかまいません。

地鎮祭で神主様にお渡しする初穂料をできれば家具代など他のことに使いたいという理由で地鎮祭をとり行わない施主様も最近では多くなっています。

地鎮祭を行うかどうかも含め、家づくりに関してわからないことは一度プロに相談してみると良いでしょう。

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 間接照明3種類をご紹介 取り入れやすい間接照明で室内を手軽にオシャレに演出

  • パッシブデザイン 「日射遮蔽」の代表「南側の深い庇」の特徴とは

  • 住宅設計で熱の動きをコントロール 幅射・対流・伝導を理解する