MENU

保証とアフターメンテナンス

建房のサポート

建房のサポート

地元の中小工務店や住宅会社に家づくりをお願いする時に不安になるのが、保証とメンテナンスについてだと思います。
平成19年に、第166回通常国会において、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)(住宅瑕疵担保履行法)」が成立・公布されました。
これは、新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うという法律です。

「瑕疵担保責任」とは

保証・保険

[第一]10年間の瑕疵担保責任(瑕疵保険)

新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者(建房)が住宅取得者(お客様)に対して10年間の瑕疵担保責任を負い、上記の保険を用いて無料で補修する義務があります。
そして、平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、第三者機構による保険や供託を義務付けています。

主な第三者機構

※建房は上記第三者機関の日本住宅保証検査機構(JIO)と財団法人住宅保証機構に加入し、厳密な検査、各種保証を受けています。
その他にも、安全な保証体制で建築を行なっておりますので、ご安心ください。

[第二]地盤保証

第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。
万一、地盤の不同沈下による建物の損害が発生した場合、お引渡し日より60年間、最高5000万円が保証されます。

      
主な保証機関
[第三]シロアリ防蟻保証

全棟防蟻処理を施工させて頂きます。
施工日より5年間 万一、施工した建物より白蟻が発生した場合は発生箇所を無料で再施工いたします。
白蟻が発生して建物に損害があった場合、500万を限度額として修復費用を賠償致します。

      
主な第三者機構
[第四]建房オリジナル保証

建房オリジナルの保証です。
長期保証(10年)と短期保証(2年)を分別し、保証内容を明確に可視化する為に、保証書を交付させて頂きます。

      
建房オリジナル保証
建房オリジナル保証
建房オリジナル保証内容を確認する

監査

第三者機関に綿密に定めた自社(建房)の仕様書通りに工事が行われているかを各工程ごとに監査を実行して頂き、その記録をまとめた『現場監査記録書』をお引渡時にご提出させて頂きます。

主な第三者機構
現場監査記録書
現場監査記録書ちょっと読む
現場監査記録書
 

安心のアフターメンテナンス

家を建ててから本当のお付合いが始まります

アフターフォロー、メンテナンスは、それぞれの工務店や住宅会社で違うと思います。
建房では、アフターフォロー、メンテナンスについて独自の考え方を持っています。
大・大・大前提として、建房では家が完成してからが本当のお付き合いだと考えています。
ですが、ここからが独自ですが、アフターメンテナンス(定期点検)は、完成後 3か月・1年・3年・5年・10年を設けていますが、建房が点検にお伺いするのは、前半の3か月と1年点検です。
その後の3年・5年・10年点検につきましては、第三者の検査会社に委託しております。
賛否ございますが、建房ではそれがフェア(公平)だと考えております。

その意図は、万が一工務店が点検して『不具合を発見した時に極論、見なかったことにしよう・・・。』が、あるかもしれません。
では、3か月と1年点検に建房がお伺いするのはどうしてか!?
完成してから、全く点検しないのは、それで無責任と思うのと、私達もさみしい感じがするからです。
兎にも角にも、家は住み始めてからがスタートだと建房では、考えております。

アフターメンテナンスの流れ
お引越し

新築のオーナー様には、お引渡し以後定期的に点検をさせていただきます。
また3カ月、1年、3年、5年、10年の定期巡回は重点的に点検し、建物を維持する為の計画的なメンテナンスのアドバイスもさせて頂いております。
点検に伺う際には、事前におハガキにて、メンテナンスに伺う日を確認させて頂きます。

3ヶ月点検(建房が点検)

・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス、水廻りの点検
・外壁、塗装の点検
・住み心地について、確認

1年点検(建房が点検)

・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス、水廻りの点検
・外壁、塗装の点検
・住み心地について、確認

3年点検(第三者機関が点検)

・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス、水廻りの点検
・外壁、塗装の点検・住み心地について、確認
・一部、補修は有料となります。

5年点検(第三者機関が点検)

・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス、水廻りの点検
・外壁、塗装の点検
・住み心地について、確認
・一部、補修は有料となります。

10年点検(第三者機関が点検)

・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス、水廻りの点検
・外壁、塗装の点検・住み心地について、確認
・構造・躯体以外の補修は有料となります。

アフターフォロー

建房では、アフターフォローとは、・長期間・対応先(連絡先)を明確・実費負担の透明化の大きく3本の柱で考えています。
その上で建房では『60年サポート』というサービスをご提供させて頂きます。

60年サポート
60年サポート
60年サポート
▲画像をクリックするとPDFが開きます
コールセンターが、365日24時間対応(60年間無料)
コールセンター

例えば、大雨が降っている大晦日の夜にトイレの水が止まらない、お風呂の排水が出来なくて脱衣室側に溢れてきた、リビングで雨漏りしてきた。などの緊急且つ住宅会社が長期休暇に入っているなど連絡がつき辛い時にも文字通り、365日24時間専用フリーダイヤルにつながるので安心です。

住まいを長く快適に使いたい
60年サポート
緊急対応サービス【約30分以内の一次対応】※年2回まで無料
・10年間無料 ・11年~60年有料(交通費・作業料等)

緊急時に365日24時間約30分以内の一次対応(応急処置)をさせて頂きます。
原則、年2回まで10年間無料で11年~60年につきましては、交通費・作業料等の実費をご負担頂きますが、365日24時間約30分以内の一次対応(応急処置)は変わらずお受け頂けるサービスです。

設備フリーメンテナンス(設備延長保証)
60年サポート
▲画像をクリックするとPDFが開きます
設備フリーメンテナンス(設備延長保証)
・10年間無料 ・11年~60年保証延長(保証加入料要)

住宅設備(主に水まわりキッチン・お風呂・トイレ・洗面台・給湯器など)のメーカー保証は、1年~2年です。
実は、住宅設備の故障のタイミングは、メーカー保証終了から新築10年目までに91%というデータがあります。つまり9割以上が修理費有料になってしまい、急な出費につながってしまっています。
建房では、お引渡しから10年間住宅設備保証をさせて頂きます。
急な出費につながらないのでご安心頂けます。
11年目~60年目につきましては、設備機器購入時の保証延長をお受け頂けます。
※保証延長につきましては、有料になります。

基本plan(10年間)
60年サポート60年サポート60年サポート60年サポート60年サポート60年サポート
よくある事例のご紹介
よくある事例のご紹介

フリーメンテナンス対象の故障・不具合であれば
出張料・作業料(一般的に約1万から5万円)も無料となります

第三者機関による定期点検+アフターメンテナンス
第三者機関による定期点検
第三者機関による定期点検
※ただし、必要な補修工事をおこなっていただけない場合、点検費用をご負担頂く場合がございます。
※定期点検は日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合の検査員が実施します。
第三者機関による定期点検・報告書による報告
・3年点検、5年点検、10年点検(無料)
 11年目~ 5年毎の定期点検、診断報告
(原則無料ですが、必要な補修工事を行って頂けない場合、点検費用をご負担頂く場合がございます。)

建房では、お引渡しをしてから3カ月点検と1年点検を自社で点検させて頂きまして、3年・5年・10年点検につきましては、第三者機関が点検及び報告書を提出させて頂きます。
第三者機関が点検することで文字通り第三者の視点での点検が出来るのが、オーナー様にとって大切(フェア)だと建房では、考えています。

60年サポート
長期修繕(メンテナンス)計画書作成(60年間無料)
60年サポート
▲画像をクリックするとPDFが開きます

建房では、大切なお家を永く快適に住み続けるために、維持・管理計画を立てる必要があると考えています。
お家に合わせた、60年間の長期修繕計画を作成しお渡しするサービスです。
実際の点検やメンテナンス情報の管理・更新も行います。
作成した計画に従って適切なタイミングで補修をして安心に暮らし続けられる住環境を維持して頂くサポートをさせて頂きます。

万が一のときのセーフティネット
60年サポート

万が一、建房が倒産した場合でも、継続して第三者機関が定期点検とお住まいのサポートを実施します。

ご質問・ご応募はこちらから
 
facebook
インスタグラム
ブログ
ライン