ブログ

何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!vol.5

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の大森です。

 

今回も、前回に引き続きカッコイイ家の「カッコイイには理由が存在する」ことを、ディテール特集と銘打ちまして

シリーズとして掲載をしていきます。今回も、その第五段としまして『建房が考える計画換気(空気もデザインする)』をテーマにさせて頂きます。

いつものことながら、主観全開になりますので、マニアックなところも多々ございますが、ご容赦頂けると幸いです。

こちらのテーマは前半・後半の2回に分けて書いていこうと思っておりまして今回は前半になります。もしよろしければ是非、後半も見て頂けると嬉しいです。

 

過去の感動を与えるディテール特集は下記のタイトルをクリックしていただければページに飛びます

ディテール特集!!vol.1「外観編」はコチラ

ディテール特集!!vol.2は「室内の広がり(空間)編」コチラ

ディテール特集!!vol.3は「スイッチ・コンセント編」はコチラ

ディテール特集!!vol.4は「同じものもよりシャープに見せる工夫 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5-2は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・後半 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5-3は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・+α 編」はコチラ

その前に、「ディテールってなに?」と思われている方もいる可能性があるので、ディテールの説明をしていきます。

【ディテールとは?】

「ディテール」とは、 「細部」や「全体に対する末端部分」を意味する言葉です。
部材と部材の接合する部分には、様々な組み合わせ方法がありますが、機能性と美しさを実現できるものを選びます。そのようにして出来上がった細部のことをいいます。

 

今回のテーマは『計画換気』になるのである意味、目で見えるディテールではなくて空気のディテールになります。無理なこじつけをしますと、空気(換気)=快適をもデザインする上のディテールと広い心で捉えて頂けると幸いです。

 

【換気の重要性】

そもそも言うまでもなく、空気は人間が生きる上で水と同様大切且つ欠かせないものですよね。強いて言うと(強いて言わなくても)空気は水よりも欠かせないものです。当然ですが水は少しくらいは我慢出来ますが、呼吸は3分と我慢出来ません。(私は30秒で限界です。(笑))人間は空気を一日に15kgも体に取り入れているといわれ、一生のうちに体に取り込む物質の57%が室内空気というデータもあります。一方、飲み物は8%、食べ物は7%にすぎません。このことからも換気は目には見えないものの我々が健康で健やかに生活していく為になくてはならないものです。換気は建てる家で大きく差が出てくる」ことと、「家計(光熱費)というお金にも関係してくる」ことなので家づくりを計画されている方は是非ともステキな家づくりのヒントにして頂けると幸いです。

それでは早速ですが、住宅の換気と聞くと皆様恐らく家の中で対角の窓を開けて、例えばAの窓とBの窓を開けてAから風が入ってきてBから抜けていくというのを思い描かれるかもしれません。

 

勿論それも換気です。ですが私が今回お伝えする『計画換気』は、上記の換気とは違って住宅を建てる時に建築基準法で義務付けられている『計画換気』のお話をしていきたいと思います。

【計画換気とは】

では、住宅の『計画換気』の定義は、次のようになります。[ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散があるため、原則として全ての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられます。住宅の居室には、換気回数0.5回/h以上の機械換気設備(いわゆる24時間換気システム等)の設置が必要となります。]と難しくいうと上記の通りです。それを簡単に言うと[家中の全てのドアと窓を閉めている状態で2時間で1回外と中の空気が入れ替わる]ということです。とここでもしかしたら、「え、窓とドアが閉まっているのにどうやって換気するの!?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。では何故、窓とドアがしまっていて換気が成立するのかというと、家のどこかに給気口と排気口があるということです。この給気口と排気口については後程詳しくお伝えしていきます。(この後の計画換気の種類によって給気口と排気口が異なってくる為)

『計画換気』は、2003年に義務化となりました。その換気装置は24時間・365日、常に運転して家全体の空気を換気するものです。ですので一般的には「24時間換気システム」とも称されます。じつはこの『計画換気』は大きく分けて・第一種換気・第二種換気・第三種換気と3種類のタイプに分かれます。簡単に説明すると

・第一種換気=給気側も排気側も両方とも機械(ファン)を用いた方法。

・第二種換気=給気側だけ機械を使い、排気側は排気口だけを設けて自然にまかせる方法。

・第三種換気=給気側は給気口だけを設けて自然にまかせ、排気側に機械を設置する方法。

という方法で三種類に分かれますが、この内第二種換気はほとんど一般住宅には用いられないので今回は、割愛させて頂きます。

誤解がないようにお伝えしておきますが、上記の三種類の換気方法でどれが良い悪いではなくてそれぞれのメリット、デメリットがありますのでその両方の特徴を理解して自分にはどれが合うかという視点で見て頂ければと思います。

ではまず、現在の新築住宅での採用率が一番高い第三種換気から説明していきます。

換気の方法としては、上記した通り自然給気して機械排気しますので上記のイラストで説明をすると右の給気口(空気の入口)

第三種換気の給気口外部(様々な形が有り、上記は一例です。)

第三種換気の給気口内部(様々な形が有り、上記は一例です。)

から家の中に空気を取り入れて家の中を通って、イラスト左の排気口(空気の出口)から空気を出します。

第三種換気の場合この排気口が機械排気になりますのでいわゆる換気扇(ファン)で排気をおこないます。

原理としては、この換気扇を用いて家の中の空気を強制的に外に出します。そうすると家の中の空気圧力が負圧(圧力が下がる)になって、外が正圧(外の方が圧力が高い)なので給気口から空気が自然に家の中に入ってきます。これを常に繰り返すことによって常に家の中は窓やドアが閉まっていても新鮮な空気を取り入れること出来るということになります。

前半はここまでとさせて頂きます。後半は、第三種換気のダクトタイプと第一種換気の解説とそれぞれの長所、短所。そして今までは、ネットで検索すれば同様の情報は見れると思いますのでお待たせしました!!『建房が何故、空気のディテールにこだわっているのか!?どうこだわっているのか!?』を余すことなくお伝え出来ればと思っていますので『建房が考える計画換気(空気もデザインする)』後半をお楽しみにして頂ければ嬉しいです。

 

 

建房のリアルな打ち合わせ風景が垣間見える『リアルな模様シリーズ!!』の方も参考にしてみてください。

・『工事中の打ち合わせ。(新築で『後悔度上位』の電気配線)』

・『カタログには載っていない、建築の意思決定を頂いた瞬間!!』

 

 

【資料請求】

今回のブログで建房に興味を持っていただき「もっと建房を知りたい」「どんな会社?」と思われた方は資料請求をしてください^^

資料請求には、

【建房カタログセット+ニュースレター】

 

【R+hausu Promotion Movie】

 

などの建房がどのような会社かを理解していただける内容だけではなく、マイホーム建築のよくある不安や分からないことをまとめご安心いただける資料もご用意していますのでご活用ください^^

PS
こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^

資料請求はこちらから→資料請求へ

 

 

【お問い合わせ】

お問い合わせ内容は「これから住宅を考える」「ローンの知識がない」「10年後もかっこいい家が建てたい」など、どんな悩みや気になる事でも構いません^^プロならではのお話をさせていただきます!お気軽にお問い合わせください^^

PS
こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^

お問い合わせはこちらから→お問い合わせへ

株式会社 建房

〒710-0844

岡山県倉敷市福井54-1

フリーダイヤル:0120-742-012

TEL:086-441-7279

e-mail: info@kenbo.co.jp

建房のHPはコチラをクリック
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

建房のエッジの効いたデザインとは?コチラをクリック
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

建房家づくりのスペシャリスト達とは?コチラをクリック
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

Event

イベント情報

【中庭のあるほぼ平屋の家】完成見学会開催決定! 7月31日(土)・8月1日(日)・8月2日(月) 総社市清音柿木にて完成見学会&性能体感会開催します!

(実際の建物の模型です。)   総社市清音柿木に、高気密・高断熱・高性能な上にエッジの効いた住宅が完成致しました! オーナー様のご厚意により、建築家がデザインした省エネ住宅完成体感会を開催致します!   【完成見・・・

もっとKenboを
知る。>

もっとKenboを知る。

Recommend

おすすめ記事