あなただけの
おしゃれな注文住宅を
手の届く価格で

あなただけの
おしゃれな注文住宅を
手の届く価格で

あなただけの
おしゃれな注文住宅を
手の届く価格で

いつまでも続く笑顔と安心のために

人とは違ったおしゃれな注文住宅に住みたいと思われている方の夢を叶えるために努力を惜しみません
デザインだけではなく、性能、自然素材を活かした家づくりにとことんこだわり、
皆さまの現在(いま)と未来の「笑顔と安心」をイメージしながら、パートナーとして携わらせていただきます。

建房はあなたの夢を叶えるために努力を惜しみません。

Design

デザイン

満足を超える「感動」をテーマにお客様のご要望を踏まえ人とは違うデザインの提案をさせていただきます。

News

お知らせ・ブログ

  • 岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.3「プランプレゼン」

    こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の大森です。 今回は、お客様と実際に打ち合わせをしているリアルな模様をシリーズでご紹介させて頂きます。 建房の事をもっと知りたい方はもちろん、家づくりをお考えの方、まさに現在打ち合わせ中の方も後悔をしない為のご参考にして頂けると嬉しいです。 住宅は人生で一番大きな買い物で、決めていくものも凄く多くあります。『注文住宅』にもなりますと打合せに数か月も掛かる程です。例えば、間取り・仕様・外装・内装・設備(キッチンなど)・電気配線・カーテン・照明・外構・住宅ローン‥などの多くの内容を決めていく必要があります。   先ずは、前回のおさらいとしまして『岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!』にご協力頂きましたのは、(私の無茶ブリにご快諾頂いた)岡山県南で新築計画をされているA様です。 ご協力いただき本当にありがとうございました^ ^ 【A様と建房の出会い】 ご実家の隣に平屋の新築をご希望でした。以前はハウスメーカーや工務店でお話をされていましたが、思うように住宅計画が進まず疲弊されている時に奥様の知人の方(建房オーナー様)から建房のことを聞かれて今年の1月に初めてお会いしました。余談ですが奥様の知人の方(建房のオーナー様)からは、『家づくりの楽しさを教えてあげてください』と申し付かりました。その後、建房の4ステップ(4ステップにつきましては、別の機会でお話させて頂きます。)を全て受けていただきました。 ※建房ではここから次のステップに進められる場合は有料になります。 4ステップ終了し、約2週間後くらいにご主人様から『建房で家づくりを進めたい』とのお電話を頂戴致しました!!建房では、いわゆるクロージング(弊社で建ててください!弊社に決めてください!などの)というものは一切行っておりません。 あくまでもお客様がご納得されてご自身で決断されるのが大前提だと思います。(当然かと思いますが実は中には納得ではなく、説得によって決められる方も少なくありません。) なので建房では、お客様の方から『お願いします。』とご意思を頂戴します。 前回は、『プランプランヒアリングの模様』にをご紹介させて頂きました。今回は、いよいよ「プランプレゼンの模様」をご紹介させて頂きます!!   前回までの『岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!』はこちらです。 岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.2 岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.1   【プランニングのご紹介】 では、寳田によるプレゼンをご紹介させて頂きます。その前に前回のヒアリングからこのプレゼンまでの間に寳田の方がプランニングをしているのですが、その一部を少し切り取ってご紹介させて頂きます。 まず、先日A様とのヒアリングを元に敷地も考慮してのゾーニング(建築やインテリアにおいて、大まかに配置を決めることです。 建築やインテリア計画における設計計画のプロセスの一つで、 空間を機能や用途別に分けて、それぞれに必要な広さや位置をゾーンとしてとらえ、相互の関係をみながら空間全体の中での位置関係を決めます。)を行っていきます。   このようなカタチです。一見落書きのようにも見えますが、頭の中で【ここをこうしたら、ここを犠牲にしてしまう。なら、ここに配置したら?あ!次はここにしわ寄せがきてしまう…それならここにこういうい意味をもたせば、バランスが良い!】といった事を数十通りものプランを描きながら行っていきます。 簡単にいうと、一歩下がって二歩進むを繰り返し、少しづつプランが完成に近づきますが、途方もないヒット&エラーを繰り返します。   何故ここまで簡単にプランニングが進まないかというと、プランニングには大きく3つの要素を考慮しないといけません。 それは、 ①施主様のご要望(住まい方、施主様のキャラクター) ②敷地の条件(ロケーション等) ③コスト(ご予算) です。 この3つの要素をバランス良く叶えねばなりませんので簡単ではありません。   ここからは、その一部始終を駆け足でご紹介させて頂きますのでしばしお付き合いください。   外観のイメージもしながら・・・   ここで手描きからCADに移行。 ここで三次元(立体にしてそもそも構想が破綻していないかのチェック)   ここで外観に移行。外壁材のアクセントでガルバリウム鋼板を張る面積割合でのバランスなどを検討していきます。   そして遂にプランニングが出来ました。寳田の拘りですが、ファサード(建築物の正面部分(デザイン))をアイコン化させてプレゼン資料の表紙にします。アイコン化する意図としては、私の記憶だと寳田曰く、お施主様が我が家をイメージで捉えて頂くのと、より愛着を持って頂くことだそうです。(タカさん、違ってたらすいません(笑))   【プランの上に置かれているキャラクターとは?】 そしていよいよプレゼン当日です。ここでまたまた寳田オリジナルの拘りですが、何故かプラン資料の上に虎が居ます。これにも意味がありまして、どうやら虎くんが封をしてくれているみたいです。お施主様が席について直ぐにプラン資料を開封しないようにという意味みたいです。意図としましては、プランを見て頂く前にご要望の再確認やこのプランニングがどういう構想からカタチ作られたかなどのストーリーをお伝えさせて頂いてお施主様に初めての我が家とのご対面を楽しんで頂くのと同時に向き合って頂くことも大切なことと考えているからです。 決して勿体ぶっている訳ではございません。(笑)   因みにですが、今回は虎くん(寳田の中で名前があるかは私にもわかりませんのでここではそのまま虎くんと呼びます。)でしたが、どうやら寳田の主観ではありますがお施主様のキャラクターによって3種類の封を使い分けているみたいで他2つをご紹介させて頂きます。   恐らく、ゴリラくん!?   水晶!?かと思います。もしこのブログを御覧頂いている方で建房(寳田)のプレゼンを受けて頂く機会がございましたら、どれが登場するか楽しみにして頂ければ幸いなのと是非、寳田に「どうして私達は、〇〇なんですか?」と聞いてみるのも面白かもしれませんね。   少し脱線してしまいました。ではプレゼンの始まりです。 【プレゼン開始】 まず寳田がA様にこの家がどうやって誕生したかを熱く語った後、いよいよA様が封の虎くんを移動させてアイコンが現れました。その時のA様の第一声を私は鮮明に記憶しておりますが、『アイコンの時点でもうカッコイイ!!』でした。上記で記載させて頂いた、【我が家に愛着を持って頂く】が成功した瞬間でした。そして表紙から実際のプランを御覧頂きながら、寳田がどのような住まい方が出来るか、どのように優れているか、どれだけA様ご家族にマッチしているかを丁寧にお話をさせて頂きます。     しばらく聞き入っていたA様から「いいな~」が連呼されました。   【建築模型でよりイメージしやすく】 そして建房では、よりプランをご理解頂く為に建築模型も作成させて頂きます。図面はどう頑張っても2次元に対し、模型は3次元ですので、立体的に把握することが出来ます。 更に、模型を使用する事で、窓から入る「光」もご確認いただきながらお打ち合わせが可能となります。       何度も東西南北&上空から模型を見て頂いて、   所々で寳田の説明も入り、   終始笑いが絶えないプレゼンになりました。   最後は、A様ご家族と記念撮影をさせて頂きました。   この後は、仕様の打ち合わせなど盛り沢山ではございますが、私達も一緒に楽しみながらA様邸の家づくりに携わらせて頂きます。     最後までご覧戴き、ありがとうございました^^ いかがでしたでしょうか?お客様の夢を叶えるためのプランニングの大切さ、そのプランをより分かりやすくイメージしやすいように模型での説明をご紹介しました。 他社でもプランニングや模型での説明を行っていると思いますが、ここまでの拘りを持って行っている会社は少ないと思います! 建房ではお客様の注文住宅に対して望まれている事を妥協する事なく叶えます!それは、多くの方にとって一生に一度の大きな買い物で「後悔」や「失敗」をして欲しくないと考えるからです。 これから注文住宅を建てようかとお考えの方、まだ建てる気はないけどこんな事が気になると言った事でも構いません。お気軽に建房にご相談ください!プロの視点からアドバイスさせていただきます^^ 建房では強引な営業などは一切行っていないのでご安心してご相談ください! お一人でも注文住宅の後悔がなくなる為に全力で頑張ります!     建房の家づくりの真髄が垣間見える『何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!』の方も参考にしてみてください!^ ^! vol.1からお読みいただくとより理解ができます^^   ディテール特集!!vol.1「外観編」はコチラ ディテール特集!!vol.2は「室内の広がり(空間)編」コチラ ディテール特集!!vol.3は「スイッチ・コンセント編」はコチラ ディテール特集!!vol.4は「同じものもよりシャープに見せる工夫 編」はコチラ ディテール特集!!vol.5は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・前半 編」はコチラ ディテール特集!!vol.5-2は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・後半 編」はコチラ ディテール特集!!vol.5-3は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・+α 編」はコチラ 【資料請求】 今回のブログで建房に興味を持っていただき「もっと建房を知りたい」「どんな会社?」と思われた方は資料請求をしてください^^ 資料請求には、 【建房カタログセット+ニュースレター】   【R+hausu Promotion Movie】   などの建房がどのような会社かを理解していただける内容だけではなく、マイホーム建築のよくある不安や分からないことをまとめご安心いただける資料もご用意していますのでご活用ください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ 資料請求はこちらから→資料請求へ     【お問い合わせ】 お問い合わせ内容は「これから住宅を考える」「ローンの知識がない」「10年後もかっこいい家が建てたい」など、どんな悩みや気になる事でも構いません^^プロならではのお話をさせていただきます!お気軽にお問い合わせください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ お問い合わせはこちらから→お問い合わせへ 株式会社 建房 〒710-0844 岡山県倉敷市福井54-1 フリーダイヤル:0120-742-012 TEL:086-441-7279 e-mail: info@kenbo.co.jp 建房のHPはコチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房のエッジの効いたデザインとは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房家づくりのスペシャリスト達とは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩    

    もっと見る
  • 新型コロナ後の今!これからの注文住宅作りはこう変わっていく!

    こんにちは、倉敷・岡山で建築家と注文住宅を建てている建房の小林です。   今回は新型コロナの影響で大きく変化した状況の中、「今後の家づくりがどう変わっていくのか」を様々な事例を織り交ぜながらお話したいと思います。   【住宅ローンの不安が解消できるシリーズ】 今までのシリーズは下記のタイトルをクリックしてご覧ください^^ ①から順番にご覧いただければローンの知識が格段にUPするので、ローンに対してご不安な方は参考にしてください^^ ① 誰もが不安な住宅ローン 安心の選び方~初級編~ ② 誰もが不安な住宅ローン 安心の選び方~中級編①~(どこから借りるのが正解?) ③ 誰もが不安な住宅ローン 安心の選び方~中級編②~(どんな種類があるの?) ④ 誰もが不安な住宅ローン 安心の選び方~上級編①~(2つのローンでベスト提案) ⑤ 誰もが不安な住宅ローン 安心の選び方~上級編②~(金利の他にも落とし穴) ⑥ 建房流 支払いが辛くならない為に必要な住宅ローンとの向き合い方 ⑦ 建房流 支払いが辛くならない為に必要な住宅ローンとの向き合い方vol.2 ⑧ 建房流 支払いが辛くならない為に必要な住宅ローンとの向き合い方vol.3 ⑨ 建房流 支払いが辛くならない為に必要な住宅ローンとの向き合い方vol.4   新型コロナの影響で変わってしまった行動 新型コロナの発生から緊急事態宣言が出され多くの方は自宅でお仕事、夜や休日も自宅に居ることが多くなり、オンライン(非対面)で人と会うようないわゆる「ウェビナー(ウェブセミナー)」や、スマートフォンやパソコンでYou Tubeを見たり、Amazonや楽天などでの買い物、デリバリー、オンライン飲み会などWEBを使用して自宅で安心に出来ることが急増しているようです。 緊急事態宣言が解除されましたが、皆様の不安や、自粛ムードは完全に解消されていないと思います! このことから、皆様のご安心と安全を考え建房では、「お話をきいてみたい!」であったり「すでに建房と家づくりを進めてくださっていて間取りの打合せや仕様の検討をしたいという方」」に向けて、個別のWEB相談・WEB面談をしています。 建房でもWEBセミナー開始! 今週末にも「オンライン家づくりセミナー」を実施する予定です。(←詳細はクリックで開きます)私たちもこのコロナの状況下では他の地域へ出向いて勉強することが出来ないので、いわゆるウェビナーを受講したりしています。 また、土地探しをされている方はスーモやアットホームなどの不動産ポータルサイトから場所や雰囲気を検索することができるので家の外に出るのはちょっと、、という方にもおすすめです。 ただし、個人的には土地は現地を見て決定したほうがよいと思っていますので、ご不安な際はご相談ください^^ 今後の住宅見学会はこうなっていく 実際の建物をみたいけど人と会うのは遠慮したいという方も増えてくると予想され「建物360°バーチャル見学」やInstagramなどでの「インスタライブ」も今後増えてくると思います。いずれも匿名に近い方法で案内を聞くことが特徴で、「建物360°バーチャル見学」ではGoogleマップのストリートビューのような感覚でその名の通りWEB上で360°実際の建物を探訪することができます。「インスタライブ」は事前の機材等の準備が不要でスマートフォン一つで新たに完成した家の見学会などができるのですでに色んなところで実施されているようです。 建房のオンライン対応はこれ! 建房では様々なツールを使用しソーシャルディスタンスを守りながら皆様の素敵な家づくりをサポートしています! ①「オンライン家づくりセミナー」ZOOMやYoutubeを使ったオンライン形式でのセミナーです! ②「家づくりWEB個別相談」事前にご予約を頂ければ、弊社の家づくりについてのお話や不明点などの質問にもお答えします! ③「建房コンセプトハウス360°バーチャル見学会」自宅で手軽に建房のコンセプトハウスがご見学できます! ④「インスタライブ完成見学会」→準備中ですが建房で実際にお施主様が建てられたお家を生配信でご覧頂けます!建房のInstagramはこちらをフォロー!       【資料請求】 今回のブログで建房に興味を持っていただき「もっと建房を知りたい」「どんな会社?」と思われた方は資料請求をしてください^^ 資料請求には、 【建房カタログセット+ニュースレター】   【R+hausu Promotion Movie】   などの建房がどのような会社かを理解していただける内容だけではなく、マイホーム建築のよくある不安や分からないことをまとめご安心いただける資料もご用意していますのでご活用ください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ 資料請求はこちらから→資料請求へ     【お問い合わせ】 お問い合わせ内容は「これから住宅を考える」「ローンの知識がない」「10年後もかっこいい家が建てたい」など、どんな悩みや気になる事でも構いません^^プロならではのお話をさせていただきます!お気軽にお問い合わせください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ お問い合わせはこちらから→お問い合わせへ 株式会社 建房 〒710-0844 岡山県倉敷市福井54-1 フリーダイヤル:0120-742-012 TEL:086-441-7279 e-mail: info@kenbo.co.jp 建房のHPはコチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房のエッジの効いたデザインとは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房家づくりのスペシャリスト達とは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

    もっと見る
  • オシャレな内観デザインに必ず必要な下地とは?

    こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房工務部です。   今回の内容は「下地」についてです。 下地とは? 石膏ボードなどを張るために木やLGSで組み上げているものが壁や天井の下地と呼ばれるものになります。 下記の写真で網目状になっている木が下地です。 なぜ下地が必要なの? 一言で言うと、石膏ボードを止めるために必要です。 木造住宅の内部の壁の仕上げは石膏ボ-ドが主流になっています。 外壁との組み合わせの防火の認定が取りやすく、火に強いのと、加工がしやすい為、安価な為等 使用する理由を挙げればキリが有りません。 この石膏ボ-ドを「下地」にビス(ねじ)止めていきます。   様々な物の土台となっている しかし、注文住宅の壁にはテレビを壁掛にしたり、タオル掛けを設置したり、手摺を設置したり、ハンモックを吊り下げたりと様々な物が壁に設置されます。しかし、一般的な石膏ボードは約10㎜程の厚みしかなく、壁の中は空洞になっており石膏ボードだけでは強度が低くビス(ねじ)が効かない為、石膏ボ-ド下にある「下地」が重要な役割をします。 先程お伝えしたテレビ壁掛などの設置は、全てこの「下地」にビス(ねじ)で固定されます。 ここで、感の良い人はお気づきだと思いますが、壁を張ってしまった後では、「下地」を入れることが出来ないので、事前に細かい検討が必要です。   「下地」のご紹介               横に取り付けている木がカウンタ-の下地です。 上に乗せて固定します。                   壁ボ-ドの上部下地です。                   壁ボ-ドの下部と巾木用下地です。                   天井ボ-ド用の下地です。   設置する物の重量により下地の仕様も変わりますので、お客様のご意見やご要望はお早めに伝えていただければ的確にアドバイスさせて頂きますので遠慮されることなくドンドン伝えてください!   いかがでしたでしょうか? 壁の中なのであまり気にされない方も多いと思いますが、住宅の内観デザインをオシャレにするのに必ず必要となる「下地」にスポットを当てご紹介しました^^   今後もこのような工務部にしか発信できないような情報を発信していきますので定期的に御覧ください^^     現在、注文住宅を検討されている方は是非一度、建房にご相談ください^^ 他社とは違う提案ができると思います! PS しつこい営業などはしていませんのでご安心してごご連絡下さい^^   フリーダイヤル:0120-742-012 TEL:086-441-7279 e-mail: info@kenbo.co.jp       【資料請求】 今回のブログで建房に興味を持っていただき「もっと建房を知りたい」「どんな会社?」と思われた方は資料請求をしてください^^ 資料請求には、 【建房カタログセット+ニュースレター】   【R+hause Promotion Movie】   などの建房がどのような会社かを理解していただける内容だけではなく、マイホーム建築のよくある不安や分からないことをまとめご安心いただける資料もご用意していますのでご活用ください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ 資料請求はこちらから→資料請求へ     【お問い合わせ】 お問い合わせ内容は「これから住宅を考える」「ローンの知識がない」「10年後もかっこいい家が建てたい」など、どんな悩みや気になる事でも構いません^^プロならではのお話をさせていただきます!お気軽にお問い合わせください^^ PS こちらもしつこい営業などはしていませんのでご安心して下さい^^ お問い合わせはこちらから→お問い合わせへ 株式会社 建房 〒710-0844 岡山県倉敷市福井54-1 フリーダイヤル:0120-742-012 TEL:086-441-7279 e-mail: info@kenbo.co.jp 建房のHPはコチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房のエッジの効いたデザインとは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 建房家づくりのスペシャリスト達とは?コチラをクリック ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩      

    もっと見る

Commitment

こだわり

夢を叶える3つの柱
デザイン・価格・高性能

デザイン

建築家が、外観から空間までを
トータルでデザインし、あなただけの
おしゃれな家を提案します

建房では、建築家が、家の外観から内装を含めた空間はもちろんのこと、ご家族の幸せまでをトータルで考え、クオリティの高い提案をいたします。

また、時の流れに左右されないデザインであなただけのおしゃれで満足感の持続する注文住宅を実現します。

デザインへのこだわり

手の届く価格

無駄な経費を徹底的に抑え手の届く価格を実現
建房では、通常の経費削減はもちろん、他社では行わないようなところの費用を極力抑え、お客様にデザイン性が良く、ハイスペックな住宅を手の届く価格で実現してます。
その経費を抑えるのに代表的なものは「プラン作成」「展示場への展示」です。
他社では一番になって書きたがるプランを設計費用を頂いた後にしか書かないので、プランを書く人件費削減に繋げています。

価格へのこだわり

高性能

安心と省エネを兼ね備えた設計とシステム
「日本の一般木造住宅の95%以上が構造計算されていない」という事実をご存知でしょうか?
建房では、一般木造住宅においても、全棟、RC造や鉄骨造と同じ手法で『構造家』が構造計算を行い、数百年に一度の大地震でも倒壊・崩壊しないとされる強度のより安心で安全な建物を提供しています。
また、快適な住宅に必要となる断熱ならびに気密性能についても、第1種換気 熱交換型のダクトレス換気を採用し、圧倒的な省エネ性を実現しています。

家の性能

Follow

フォロー体制

家を建てる前はもちろん建てた後も安心のフォロー体制