ブログ

バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.1(土地探し)

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の大森です。

 

今回は、凄く細長い敷地にバスケットコートの有る家を建てられたK様が土地を探すところから夢を叶えるまでを出来るだけリアルな模様をご紹介させて頂きます。

そのK様ですが、今年5月にお子様が誕生されてご夫婦からご家族になられました㊗

本当におめでとうございます^^

 

話しを戻しまして、

バスケットコートが自宅に有るというのはある意味、非日常的な印象がありますが、それを日常にしたい!!

と建房に夢を委ねて頂きましたのは、倉敷市在住の『K様ご夫婦』です。

 

【K様と建房の出会い】

今年3月に開催させて頂いた「とある完成見学会」にご夫婦でお越し頂いたのが初めての出会いでした。

そもそも見学会にお越しいただいたきっかけは、建房のチラシを見られ載っていたテーマが、「サーフボードが似合う家」でした。そのテーマにご興味を持って頂き、見学会にお越し頂いたとのことです。

 

 

3月の出会いから建房の4ステップ(建房独自の家づくり4ステップ)※ご興味が有る方はこちらをご覧ください。

をステップアップして頂いて、数多有る住宅会社の中から建房にお任せ頂きました。

因みに建房の場合は建房との家づくりのご意思を頂いた後に『初回プラン申込』を頂戴して、少数派ではありますが、ここから有料になります。そして、いよいよまずは土地探し開始です。

 

【倉敷市で最も高額なエリアでの土地探しからスタート】

土地に関しては、K様のご要望は倉敷市の中でも高額なエリアでした。土地の価格は大きく2つの項目から価格が決まります。

①土地の大きさ(坪数・㎡) 

②坪単価(㎡単価)

この二つをかけて土地価格になります。上記の高額エリアというのは、この2つの項目の②が高額なので①の土地が大きかった場合、そのまま土地価格が高額になるということです。

 

K様が候補にあげられていた土地も②が高額エリアということもあり、現実的には約2,000万円弱の土地で約50坪くらいの土地でした。勿論、高額には理由があり倉敷の中でも駅に程近く、買い物や病院などのアクセスも良いことがあげられます。ただ、K様の自宅にバスケットコートというのは、このエリアだと断念せざるおえない。というのが現実でした。

 

【建房ならではの土地を提案】

そこでK様から私にご期待頂いたのは、『やはり、自宅にバスケットコートという夢を諦めたくない!!』というご要望を頂き、しっかりとディスカッションをさせて頂いて、「少し希望エリアを広げてみましょう!」ということになりました。細かく再度、土地のご要望のヒアリングをさせて頂いて、まずは私の方で約20物件程の情報を収集しまして、K様に物件資料を御覧頂き、その中から約7~8物件を実際に現地の方へご案内させて頂きました。その際に奥様から『どれもいい!』と嬉しいお言葉を頂戴しながら、その中でご紹介したのがこちらの土地です。

 

プライバシーの観点から位置が特定の出来る物件資料や地図は控えさせて頂きたいと思いますが、シルエットがわかる測量図というものを載せさせて頂きます。

まず見ての通り凄く東西に長い敷地です。どのような土地かを少し説明すると、敷地の東と西にそれぞれ道路が接道しています。つまり駐車場は東からでも西からでも配置が可能ということです。東西の長さは脅威の約66Mとすごーーーく長いです。50Mプールよりも長いです。

では気になる南北の長さ(ここでは道路と設置している辺でよく間口とも言われます。)は、東西共に約7Mありますので、車を2台並列で駐車可能です。東西が凄く長いので南北が目の錯覚で短いように見えてしまいます。このような変形地!?のような土地は選ばれる方は少数派かと思います。

何故ならそもそも家が建つのを想像することがお客様は難しいというのも一つの理由かと思います。ですが、K様は約3時間後に「あの細長い土地に決めます!」と連絡を頂きました。

追記させて頂くと敷地の現況は、古い平屋の借家が4棟並んでいて綺麗に整備された新しい分譲地に比べると決して雰囲気が良いとは言えないのが私個人の第一印象で、

こちらが実際の画像です。

こちらが航空写真でどれだけ細長いか敷地をシルエットで捉えることが出来ます。

勿論ここから解体工事をし、きちんと整地をすると雰囲気はガラリと変わります。ですが、私などそういう場面をいくつも見てきたプロとは違い、お客様は素人なのでそれをイメージすることは、容易ではありません。

 

しかしK様は違いました。

この敷地、建房さんだったらきっとステキに料理してくれる。何より、諦めていたご主人さんの夢である『バスケットコートがある自宅が日常』を最初から「無理ですねー!」と言わずに真剣に捉えて提案してくれた土地で実際にそれが現実的にイメージ出来る土地とご夫婦でご決断されました。

私も『絶対に夢を叶えてあげたい!!』は少し烏滸がましいので、その夢のお手伝いが出来ればと思い、この土地でのプロジェクトがスタートしました。

 

【土地を相場の30%以下で購入!】

因みにこの土地情報の補足で、エリアは倉敷の中でも人気のエリアで坪単価で申しますと約20万円~25万円が相場で敷地面積は、468.55㎡(141.73坪)です。普通に相場感でいうと坪単価が約22.5万円だとすると

土地価格は、約3,190万円になります。しかし、敷地が凄く細長いので変形地!?ということも有り、実際にK様はこの土地を990万円で購入することが出来ます。私的には、凄くお求め安いかと思います。

 

【次回は驚きのプランニング】

今回は、プロローグ的な回になりましたが、いよいよ次回は、『建房史上、最細長敷地にバスケットコートの有る家 vol.2』になりまして、この細長い土地にどんな家が建つかサブタイトルとしまして、『ときめくプランニング』をご紹介させて頂きます。建房ならではの驚きのプランニングをご紹介いたしますので楽しみにしていてください!

 

 

次回以降の『バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介』はこちら

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.2(ヒアリング)】

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.3(建築家のヒアリング)】

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.4(建築家によるプランプレゼン)】

 

私が過去に書いた『岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!』も下記のタイトルから飛べますので是非ご覧ください!

 

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.1

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.2

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.3

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!スピンオフvol.2.5「プランヒアリング編」

建房の家づくりの真髄が垣間見える『何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!』の方も参考にしてみてください!^ ^!

vol.1からお読みいただくとより理解ができます^^

 

ディテール特集!!vol.1「外観編」はコチラ

ディテール特集!!vol.2は「室内の広がり(空間)編」コチラ

ディテール特集!!vol.3は「スイッチ・コンセント編」はコチラ

ディテール特集!!vol.4は「同じものもよりシャープに見せる工夫 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・前半 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5-2は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・後半 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5-3は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・+α 編」はコチラ

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 他社とは違う建房の家づくりの流れ~プランを作り始める前にすること

  • 日本の住宅事情の「これまで」と「これから」

  • 「家の種類」をハウスプランナーが解説!どこで建てる?家の構造による違いは?