ブログ

ウッドデッキのおしゃれな施工例5選!メリットやデメリットもプロが徹底解説!

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の濱中です。

 

今回は、「ウッドデッキ」についてご紹介したいと思います。

せっかく新築(注文住宅)を建てるなら庭にウッドデッキを設置したい!と思われている方も多いと思います。

 

それではまず、ウッドデッキについてお話させて頂きます。

【ウッドデッキとは】

ウッドデッキとは、屋外に設置される木製のテラスの事を指します。一般住宅などではリビングと庭の間に設置されることの多いウッドデッキは、リビングとウッドデッキの接続する部分を、お家の高さとウッドデッキの高さを同等程度にする必要があるため、木材の下に土台となる部分を設置して家の高さと合わせるように平らに設置されます。この構造こそがウッド(木)デッキ(平らな部分)となるわけです。

基本的にウッドデッキは、エクステリアの一部として扱われていますので、設置する場合も家の建築とは別の工程や工賃になることが一般的です。

 

【ウッドデッキの素材】

ウッドデッキの使われる素材は大きく分けて二種類あります。

1.天然木材

※サンプルです

名前の通り天然の木材です。

天然木材の中にも種類があり、建房ではハードウッドのウリンを使用しています。

ウリンは耐久性があり、面倒なお手入れ不要で、シロアリなどの害虫にも強く、屋外の使用に最適なんです!

さらに、天然木材は高級感があり、サイズも多く、交換や修繕も簡単です。

木は直射日光にさらされても高温にならず、寒さの中でも冷たくなりすぎません。

ただ、日光に当たると色落ちしてしまいますが、それも天然木材の味として、楽しむことができます^_^

 

2.人口木・樹脂木

※サンプルです

樹脂木は木に近い質感に作られていますが、耐候性・耐久性に優れ、メンテナンスが簡単です。

塗装や防腐処理をしなくても腐食せず、シロアリの被害も受けません。

天然木のように湿気の影響で変形することもなく、長年にわたり形状を保ち続けます。

樹脂木は天然木と比べて熱を吸収しやすいので、注意が必要です。

 

【ウッドデッキのメリット】

メリット1.リビングが広く感じられる

一般的にウッドデッキはリビングの高さと同じ高さで設置される方が多いです。

そうすると、リビングと同じ高さで空間が広くなるので、リビングから見ると奥行きが出てさらに広い空間に感じられるんです。

リビングと同じ高さなので、気軽に外に出れるようになりますね(^_-)

 

メリット2.第2のリビングになる

ウッドデッキは「第2のリビング」と呼ばれることも多いんですよ(^^)

夏のバーベキューをウッドデッキですれば、煙や臭いも気にならないですし、虫や土汚れも気にしなくていいんです!

お子様の遊び場だけではなく、一息つくために休憩するスペースとしても有効です。

奥様が家事の合間にお茶や読書をしたり、ご主人様がお仕事終わりにビールを飲むのもいいですよね♪

 

メリット3.外観のアクセントになる

ウッドデッキがあると、外観のアクセントになるので、よりオシャレになります。

広さや木材の色味などで、印象が変わるので、外観に合うウッドデッキを設置するとカッコイイですよね(^^)

 

【ウッドデッキのデメリット】

デメリット1.コストがかかる

あたりまえですが、ウッドデッキを設置するにはお金がかかります。

ウッドデッキは無くても生活できますし、後からでも設置できる場合が多いし・・・と、懸念される方もいらっしゃいます。

 

デメリット2.メンテナンスが大変

屋外にあるウッドデッキは、常に強い日差しや雨に晒されることになります。そのため、何もしない状態だと数年で木材が朽ち始めてしまうことがあります。

木材によって、耐久性やメンテナンスの頻度が変わりますので、木材選びも重要です。

砂や土をデッキブラシでこ掃き出したり、コケなどが生えてきた時も取り除いたりと、日々のお掃除も必要です。

そうしたことを放置しておくと、砂や土の不朽菌よって木材が朽ちてしまう原因となってしまいます。

 

デメリット3.実際には使わない

新築当初は使用していても、だんだん使用しなくなり、掃除もしなくなって余計に使用しなくなる、といった場合もあります。

外からの視線が気になって使用しづらいということもありえます。

設置する際にはウッドデッキの必要性や、設置場所等、よく検討する必要があります。

 

 

さて、ウッドデッキについてお話させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

ここからは建房で実際に提案させて頂いた中庭を5つご紹介します!

 

建房では少しでもデメリットを少なくし、憧れのウッドデッキを設置して頂けるように様々なご提案をさせて頂いております!

今回ご紹介したウッドデッキ意外にも様々なご要望に対応可能なのでお気軽にご相談ください!

※画像は全てクリックすると拡大します

【NO.1:縁側みたいにホッとするウッドデッキ】

 

あまりスペースを取らない、縁側のようなウッドデッキです。

ご主人様お気に入りの場所だそうです。

リビングと和室から出入りできるので移動もスムーズにできますね。

ちょっとしたスペースにウッドデッキを設置することで、コストも抑えられ、お掃除もラクですね♪

 

 

【NO.2:外壁と一体感のある爽やかなウッドデッキ】

外壁の色と合わせてホワイトのウッドデッキです。

色を合わせることで一体感が出ますし、雰囲気も柔らかくなりますね♪

室内の赤い階段とのコントラストがよりオシャレになっています。

 

 

【NO.3:屋上に設置した多目的なウッドデッキ】

土地が広くなくても屋上にウッドデッキを設置することができるんです!

更に屋根を造ることで洗濯物も干せますし、多少雨が降っても平気です。

周りの視線も気にせずゆっくりできるウッドデッキです(^^)

 

 

【NO.4:お家の顔にもなるウッドデッキ】

玄関の隣に設置した存在感抜群のウッドデッキです。

敷地に入るとまず目に入る程の広々スペースです。

お友達を呼んでバーベーキューなんかもできますね♪

お子様も元気に遊んでいるそうです(*^_^*)

 

 

【NO.5:ステキな玄関ホールを演出するウッドデッキ】

こちらは玄関前にウッドデッキを設置しています。

 

木の色合いがいい味を出してますね。

木が玄関までいざなってくれている感じになり、来客の方にも喜ばれるそうです♪

高級感のあるカッコイイ玄関ポーチになりました^_^

 

 

いかがでしたか?

建房では、ご要望や土地の合わせて色々なウッドデッキの提案が出来るんです!

 

現在、こんなデザインがいいなぁ~、こんな機能が欲しいなぁ~など、疑問や不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください!

もちろん、ウッドデッキだけではなく、外観や内装、土地、ローンに関してでも大丈夫です!!

建房には様々なお悩みを解決できるスペシャリストが揃っていますのでご安心ください!!

皆様の後悔を一つでも減らせるよう全力で考えご提案します^^

先ずは、お気軽にご相談ください!

 

その他のオシャレな空間や施工事例はコチラからご覧ください☆

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 他社とは違う建房の家づくりの流れ~プランを作り始める前にすること

  • 日本の住宅事情の「これまで」と「これから」

  • 「家の種類」をハウスプランナーが解説!どこで建てる?家の構造による違いは?