ブログ

オシャレな外観のアクセントに!「ウイルウォール」のメリット・デメリットと実績をご紹介!

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の濱中です。

 

今回はオシャレな家には欠かせない、外観のアクセント「ウイルウォール」について、メリットやデメリット、建房で実際に施工したお家もご紹介させて頂きたいと思いますので、是非参考にしてください。

 

【ウイルウォールとは】

100%天然木のサイディング・パネリングです。

天然木に防火機能を加えた認定商品で、「準防火構造」「防火構造」「準耐火構造45分」「準耐火構造60分」の国土交通省認定を受けています。

ウイルウォールは、日本初・そして唯一、裏当てなし・木材単体仕様の外壁なんです。

また、ウイルウォールに使用されているレッドシダーは屋外に使用しても優れた耐候性を発揮するので、外装材に適しています!

 

 

【ウイルウォールのメリット】

メリット1.オシャレな外観になる

外観の中に部分的にウイルウォールを取り込むことによって外観のアクセントになり、オシャレ度がぐっと上がります。

更に、ウイルウォールは樹齢何十年、何百年を経た天然木だからこそ可能な本物の風格があります。

日光や雨風に当たると色が落ちてしまいますが、それも天然木ならではの味として長年に渡り楽しむことができます。

 

メリット2.万が一の火災でも安全

木を特殊加工することで実現した延焼を防ぐことができる木製製品です。

仮に火をあてられたとしても、その部分が特殊な炭化層を形成し、燃え広がりを防ぐんです。

隣家への燃え移りも防いでくれます。

 

メリット3.メンテナンスが簡単

天然木のメンテナンスは大変と思われる方も多いと思いますが、ウイルウォールのメンテナンスは比較的簡単なんです。

もともと防腐性・防蟻性の高い樹種なので、頻繁に防腐塗装をしなくても大丈夫です。

多少の反りや干割れが気になる場合は再塗装や部分補修も可能なんです。

 

 

【ウイルウォールのデメリット】

デメリット1.コストがかかる

本物の木を使うということは、ウッド調などのフェイクを使うよりコストがかかります。

自然素材を使うメリットを良く考えて使用するか考えないといけません。

ただ、部分的に使用することも可能なので、建房では外観のアクセントにご提案させて頂いてます(^^)

 

デメリット2.アクがにじみ出る場合がある

高い防腐性能の証でもある「アク」と呼ばれる抽出成分や多めに入り過ぎた不要の防火薬剤が、木の断面からにじみ出る場合があります。

初期段階なら湯水とブラシで落とすことができますが、放置しておくと汚れや腐食等を生じさせる場合があります。

ただし、必ず出るとは限らないですし、出続けるものでもありません。

他の部材との組み合わせや、使用する場所などを考慮してデザインすれば大丈夫です。

※アクがにじみ出ても防火性能は変わりません。

 

 

さて、ウイルウォールについてお話させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

 

 

それでは、建房で実際に施工させて頂いたウイルウォールを使用したお家をご紹介したいと思います!

 

建房では少しでもデメリットを少なくし、オシャレな外観のお家を建築して頂けるように様々なご提案をさせて頂いております!

 

今回ご紹介したウイルウォール以外にも様々なご要望に対応可能なのでお気軽にご相談ください!

 

※画像は全てクリックすると拡大します

 

【NO.1:ホワイトの壁とウイルウォールで優しい外観】

 

道路面の外壁の一部をウィルウォールにすることでホワイトの外壁がぐっとオシャレになりますね♪

違う形で2ヶ所に使用することで、木の面積が増え柔らかい印象になります。

目隠しも兼ねてる外壁がオシャレになると嬉しいですよね(*^_^*)

 

【NO.2:カーキの中にウイルウォールを差し込んだ大人カッコイイ外観】

外壁の左部分を凹ませてウィルウォールにしています。

カーキが目を引く外観ですが、ウィルウォールとのバランスが絶妙ですね(^^)

 

【NO.3:さり気ないウイルウォールでセンスが光る外観】

グレーの外壁の中に2ヶ所ウィルウォールを使用しています。

対角に使用することでくどくなりすぎず、さり気ないオシャレを演出しています。

グレーの外壁とブラックのサッシとの相性もよくクールな外観になっていますね(^_-)

 

 

【NO.4:ウイルウォールで来客をいざなう外観】

玄関周りの壁にウィルウォールを使用しています。

台形の形で奥行があるのでトリックアートのようなオシャレで面白い玄関ポーチですね♪

 

 

【NO.5:ウイルウォールのアクセントでオシャレ上級者な外観】

三角形の建物の一角に使用しています。

シンプルなホワイトの外壁にネイビーの枠で囲むことで、デザイン性の高い外観になっています^_^

 

 

【NO.6:オシャレと実用性を兼ねたウイルウォール】

玄関ポーチに入るとウィルウォールの壁が目を引きます。

壁の隣が中庭になっているので、目隠しと防犯も兼ねているんです。

中庭との相性もよく、木のぬくもりを感じるステキな壁ですよね(*^^*)

 

 

いかがでしたか?

こんなオシャレなアクセントのある外観なら自慢したくなりますよね♪

 

建房では、ご要望やご予算、お悩みに合わせて色々な提案が出来るんです!

 

現在、オシャレな外観のお家を建てたいけど不安がある方、お気軽にご相談ください!

建築家ならではの発想とデザイン力でお客様の「こんな家を建てたい」に叶えます!

もちろん、その他のお悩みに関してでも大丈夫です!

建房には様々なお悩みを解決できるスペシャリストが揃っていますのでご安心ください!

皆様の後悔を一つでも減らせるよう全力で考えご提案します^^

先ずは、お気軽にご相談ください!

 

その他のオシャレな空間や施工事例はコチラからご覧ください☆

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 他社とは違う建房の家づくりの流れ~プランを作り始める前にすること

  • 日本の住宅事情の「これまで」と「これから」

  • 「家の種類」をハウスプランナーが解説!どこで建てる?家の構造による違いは?