ブログ

発達障がいのお子さんとご家族が暮らしやすい家のご提案「だれひとり取り残さない家」vol.2お客様の声

 

こんにちは。
倉敷・岡山で建築家とおしゃれでカッコイイ注文住宅(デザイナー住宅)を建てている建房の大森です。

 

今回は、弊社が新しく取り組んでいるプロジェクトだれひとり取り残さない家のご紹介の第二弾として、実際にお客様から寄せられた声をご紹介させていただきます。

 

このプロジェクトは、発達障がいや身体障がい、聴覚や視覚にハンディを持ち、生きづらさを抱えているお子さんやそのご兄弟、ご両親が生活しやすい家をご提案させていただくというものです。

 

弊社、建房が「だれひとり取り残さない家」プロジェクトを始めさせていただくにいたった経緯は、連載①をご覧ください。

発達障がいのお子さんとご家族が暮らしやすい家のご提案「だれひとり取り残さない家」vol.1

 

「だれひとり取り残さない家」プロジェクトに寄せられたお客様の声

 

「家づくり 発達障がい」で検索したところこちらの会社様が目に止まりました。もうすぐ6歳になる、ADHDの診断を下された男の子の母親です。
現在、義両親と完全同居をしてますが、収納の少なさ不便さ、本人の朝夕のルーティンがなかなか定まらない作りの家で困っています。
それもあり近々完全二世帯にするので、参考にさせて頂きたく無料の資料をお願い致します。

福島県いわき市

 

9歳と6歳の二人の子がいますが、二人ともADHDの診断を受けています。

現在、賃貸マンション住まいですが、特に上下階の住民の方への迷惑を考え、一戸建ての新築を検討しています。そのような時に貴社ホームページを拝見し、資料を拝見したく請求させていただいた次第です。また、そもそもの話かと存じますが貴社では福岡県内での施工は可能なのでしょうか?宜しくお願い致します。

福岡県福岡市

 

知的障がい者の生活支援施設やグループホームを造るうえでの参考にさせていただければと思っております。
ガイドブック以外にも御経験から注意点などがあればご教示いただけると幸いです。

神奈川県逗子市

 

病気により身体に障害がある家族員が電子音のする機器が必要なのですが、自閉スペクトラム症の聴覚過敏で電子音に弱く、やむを得ない電子音にも文句をいってしまう家族がいます。身体疾患をもつ家族員と自閉スペクトラム症の家族員との互いの症状等がぶつかり合い、けんかもよく発生するため、少しでも穏やかに暮らしたい気持ちがあります。

大阪府吹田市

※お客様の声を一部抜粋させていただいております。

皆様、具体的なお悩みやご要望をお寄せいただき本当にありがとうございます。

 

多かったお悩みは、以下のような点です。

  • このような情報が手に入りにくい
  • 発達障がいの子が落ち着ける家にしたい
  • パニックになったときにも対応できる部屋はどんな感じ?
  • 子どもも大人もストレスなく生活できる家にしたい
  • 大人の発達障がいの方への配慮や工夫できる点を知りたい

また「実際に建築できるの?」「県外でも建築可能か?」というお問い合わせも非常に多くいただいております。ありがとうございます。

 

今は、本プロジェクトの具体化に向けて我々が学んでいかなければならないフェーズ。実例はなく、情報やノウハウを蓄積している段階ですので、もう少しお時間を頂戴できましたら幸いです。

 

「だれひとり取り残さない家」プロジェクト 今後の予定

 

プロジェクトを発表させていただいてから、これまでに北海道から沖縄まで日本全国の方からお声をお寄せいただき、全国にこれだけ求めていらっしゃる方が多かったのかと正直驚いています。それと同時に、このプロジェクトを進める意義を痛感しております。

 

現在、だれひとり取り残さない家のガイドブックを無料進呈させていただいておりますが、こちらも常にブラッシュアップさせていただく予定です。

 

またZoomを使ったオンライン相談会の準備をただ今進めております。相談会には、ガイドブックを監修していただいた障がい児教育や臨床心理学をご専門にされている山陽学園大学の上地玲子准教授にもご同席いただく予定です。

 

岡山のみならず、全国からご参加いただける方を募りたいと思っております。日程等決まりましたらホームページで告知させていただきますので、皆様の声を“直接”お聞かせいただけますと大変嬉しいです!(^^)/

 

【ブログ筆者】

大森 大地(おおもり だいち)

株式会社 建房 代表取締役 Total Home Planner

1978年東京都生まれ、津山市育ち、倉敷市在住。2012年株式会社 建房を設立。

 

  • 三児(全員男子)の父
  • さそり座
  • A型
  • 好きなコト・モノ:フットサル、嫁とミスチルのコンサートに行くこと
  • モットー:現在(いま)を大切に。自分にしか歩けない道を歩く

僕が過去に書いた『岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!』も下記のタイトルから飛べますのでぜひご覧ください!

建房の家づくりの真髄が垣間見える『何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!』もぜひ参考にしてみてください!「vol.1」からお読みいただくとよりご理解いただけると思います(^^)/

『バスケットコートのある家』土地から完成までリアルに紹介!はこちらからご覧ください(^^)

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • Ⅱ型・フラット・アイランド……キッチンの「形」は“デメリット”を認識して選ぶべき

  • Ramo Okayama Produced by建房をオープンいたしました~Vol.1新規店舗のご紹介

  • 発達障がいのお子さんとご家族が暮らしやすい家のご提案「だれひとり取り残さない家」vol.1プロジェクト誕生の経緯