ブログ

おしゃれな家には絶対に欠かせない植栽のメリットとデメリット!

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ家づくりをしている建房の小川です。

 

今回は、あるとないとでは住宅のトータルデザインに大きく影響する、植栽の重要性を書きたいと思います。

これから住宅を建てようと考える方の多くは様々な住宅に目がいきますよね?その際、「オシャレだな」「カッコイイな」と一際目を引く住宅があると思います。そのような住宅は植栽も完璧にコーディネートにされているはずです!

植栽って何って思われる方も多いかと思いますので、まずは「植栽」とは何かをご説明します。

一言でいうと、「草木などの植物を植えること」です!

本当に一言でいいましたが、例えば敷地の境界に植える生垣やお家のシンボルツリー、花壇にお花を植えたりなんかが、植栽に当たります。

 

 

植栽のメリット

視覚的に広がりや豊かさの演出

色のコントラストや草木の広がりによって、視覚的に広がりを感じられます。

さらに、春には花が咲き、夏には緑が茂り、秋には紅葉し、冬には実がなるなど、植え付ける種類にもよりますが四季折々の演出を楽しめます。

季節の移ろいを感じられる豊かさも植栽の魅力です。

ライトアップを行えば夜もまた違った演出を楽しめます。

 

お庭の環境改善

例えば庭木を植えることで、お庭に木陰を作ったり、芝生を張ることで照り返しを軽減したり、つる性の植物で緑のカーテンで日射を軽減したりと植栽の方法次第ではお庭で涼しく過ごすことが可能になります。

植物があるだけで、葉っぱから水分が蒸発し周辺温度が下がるともいわれています。

 

 

外部からの目隠し・プライバシー保護

生垣で完全に目隠しをするだけでなく、庭木を程よく植えることで回りからの視線をさりげなく遮ってくれます。

いわゆるカモフラージュ効果です。

 

家族とのつながり強化

お子様が生まれた時に植えた木や、お家を建てた時に植えたシンボルツリーなど、イベントごとに思い出が増えたり、お子様の成長と共に庭木も成長したりと、物語や思い出になります。

他にも、ご夫婦でお花の手入れをしたり、お子様と木の実を収穫したりとご家族で楽しめます。

無機質でシンプルなお家には特にナチュラルな草木はベストマッチし、おしゃれなお家をより一層引き立ててくれます。

ここまで植栽の魅力をお話しましたが、当然デメリットもありますのでデメリットも書きたいと思います。

 

植栽のデメリット

手入れが必要

当然ですが、植物は成長しますので放ったらかしという訳にはいきません。適度に手入れをしてあげる必要があります。

植える種類にもよりますが、成長の早いものばかりを植えると数年でジャングルになることも・・・

虫や鳥がやって来る

これも避けては通れないことですが、虫や鳥は必ずやってきます。かわいい小鳥や、蝶々ならまだしも、毛虫の駆除は怠れません。

ただ、小鳥が来るとお子様は喜びますし、毛虫も早目に対策をすれば対処できますので考え方かもしれませんね。

枯れ葉が落ちる

落葉樹はもちろん、常緑樹でも少なからず枯れ葉が落ちますので、お掃除は欠かせません。

 

植物は生き物なので、少なからず手間をかけてあげる必要があります。ただ、あまり手入れのいらない植物もありますので、植栽をお考えの際はお気軽にご相談ください!お客様に合った植物をオシャレにカッコよくトータルデザインさせて頂きます!

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事