ブログ

何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!vol.5-2

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の大森です。

今回も、前回に引き続きカッコイイ家の「カッコイイには理由が存在する」ことを、ディテール特集と銘打ちまして

シリーズとして掲載をしていきます。今回も、その第六段としまして『建房が考える計画換気(空気もデザインする)・後半』をテーマにさせて頂きます。

いつものことながら、主観全開になりますので、マニアックなところも多々ございますが、ご容赦頂けると幸いです。

こちらのテーマは前半・後半の2回に分けて書いていこうと思っておりまして今回は後半になります。もしよろしければ是非、前半も見て頂けると嬉しいです。

過去の感動を与えるディテール特集は下記のタイトルをクリックしていただければページに飛びます

ディテール特集!!vol.1「外観編」はコチラ

ディテール特集!!vol.2は「室内の広がり(空間)編」コチラ

ディテール特集!!vol.3は「スイッチ・コンセント編」はコチラ

ディテール特集!!vol.4は「同じものもよりシャープに見せる工夫 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・前半 編」はコチラ

ディテール特集!!vol.5-3は「建房が考える計画換気(空気もデザインする)・+α 編」はコチラ

その前に、「ディテールってなに?」と思われている方もいる可能性があるので、ディテールの説明をしていきます。

【ディテールとは?】

「ディテール」とは、 「細部」や「全体に対する末端部分」を意味する言葉です。
部材と部材の接合する部分には、様々な組み合わせ方法がありますが、機能性と美しさを実現できるものを選びます。そのようにして出来上がった細部のことをいいます。

前回に引き続きテーマは『計画換気』になるのである意味、目で見えるディテールではなくて空気のディテールになります。無理なこじつけをしますと、空気(換気)=快適をもデザインする上のディテールと広い心で捉えて頂けると幸いです。

 

内容に入る前に大前提の換気の重要性をおさらいでご説明します。

 

【換気の重要性】

そもそも言うまでもなく、空気は人間が生きる上で水と同様大切且つ欠かせないものですよね。強いて言うと(強いて言わなくても)空気は水よりも欠かせないものです。当然ですが水は少しくらいは我慢出来ますが、呼吸は3分と我慢出来ません。(私は30秒で限界です。(笑))

人間は空気を一日に15kgも体に取り入れているといわれ、一生のうちに体に取り込む物質の57%が室内空気というデータもあります。一方、飲み物は8%、食べ物は7%にすぎません。このことからも換気は目には見えないものの我々が健康で健やかに生活していく為になくてはならないものです。

換気は建てる家で大きく差が出てくる」ことと、「家計(光熱費)というお金にも関係してくる」ことなので家づくりを計画されている方は是非ともステキな家づくりのヒントにして頂けると幸いです。

前置きはこのくらいで早速、後半に入ります。前半の最後で予告させて頂きましたが、今回の大きなテーマは3つです。

・第三種換気のダクトタイプ

・光熱費を抑えることが出来る第一種換気

・建房が考える(採用している)換気システムは!?

先ず一つ目のテーマ『第三種換気のダクトタイプ』

第三種換気は大きく分けて、前回ご紹介したダクトレスタイプ(ダクトが無いタイプ)ダクトタイプ(ダクトが有るタイプ)の2タイプに分かれます。

ダクトレスについては、前回ご紹介させて頂きましたので割愛させて頂きます。

 

こちらがダクト換気の全体イメージになります。

【メリット】
物理的に空気の通り道を作り計画的に換気が出来ることと『音漏れ対策』にも有効です。例えば寝室やシアタールームは、せっかく防音対策を施しても換気扇から簡単に音が漏れてしまいます。浴室・洗面脱衣室等は生活音が外にもれてしまい、プライバシーの観点から問題があります。ダクト換気の場合、音の発生源からダクトを通って離れた場所から排気されるので気になる音漏れが解消されます。

 

【デメリット】
部屋の湿気があったり、外の熱いベタベタの湿気が入ってくるときに、ダクトの中が結露したり、湿めぽくなったりそこでカビの発生や、埃が蓄積することで将来的にダクトの交換か、ダクトの清掃を考えなければいけない。しかも設置場所が天井裏もしくは床下に本体とダクトが設置されますので自分でのメンテナンスは非常に難しいので専門の業者に依頼するかたちが一般的ですから上記のコストは決して安価ではないのもデメリットの一つです。

 

『光熱費を抑えることが出来る第一種換気』

第一種換気は、近頃だんだんと増えてきました。(以前は第三種換気が大多数のシェアでした。)では、何故増えてきたのかというと住宅取得者の省エネニーズが高まってきたのが最大の理由だと言われています。それでは、第一種換気と第三種換気は何が違うのか!?概要につきましては前回お伝えしたのでここでは割愛させて頂いて、ここでは決定的な違いをお伝えします。ずばり『熱交換が有るか・無いか』です。では、熱交換とは何かと言いますと。

現代の日本では、一年を通してほとんどの日が外気温と内気温の差が有ります。すなわち暖房や冷房などの空調が必要になります。その上でお伝えしてきました、計画換気は

家の全てのドアと窓を閉めている状態で2時間に一回で外と中の空気が入れえ代わる(2時間で100%出ていき100%入ってくる)ので例えば外気温が0℃の場合、当然給気口から0℃の温度の空気が入ってきます。内気温(室内)はどうなっているかというと当然0℃だと寒くて耐え切れませんので暖房などの空調等を使用して約20℃前後になっているかと思います。

空気が入ってくると必ず同じ量の空気が排気(出ていく)されますので折角光熱費を掛けて温めた貴重な20℃の空気が出ていってしまいます。しかも2時間に一度、家中の空気が0℃の空気と20℃の空気が入れ替わります。当然温まり難い(例えると窓が開いている状態に近い)のとエアコンは常にフルに近いかたちで稼働しなければなりませんので光熱費が大きく掛かってしまいます。そこで上記の状態を緩和するものが第一種換気の熱交換です。

 

 

上記の図の中に熱交換素子というものがあって、その熱交換素子を空気が通過する際に文字通り熱の交換をするものです。

もう少しわかりやすくした図になります。暖房の場合で熱交換(熱交換率約90%)をした時に、外気の0℃の温度の空気が20℃になって入ってきて、23℃の温度の空気が3℃になって出ていくので、エアコンの稼働が最小限に抑えれます。すなわち光熱費を抑えることが出来ます。このことからランニングコストの観点から第一種換気の熱交換は非常に有効だと言えます。それでは、デメリットはというと単純に第三種換気に比べて熱交換というものが加わるので複雑になる分イニシャルコストが掛かってしまうということです。

ここで思いの外長くなってしまいましたので、 『・建房が考える(採用している)換気システムは!?』は、次回の[何故、建房の家はカッコイイのか!?感動するのか!?ディテール特集!!vol.5-3]でお伝え出来ればと思います。何か勿体ぶってる感がございますが次回を楽しみにして頂ければ幸いです!!!

 

『バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介』はこちら

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.1(土地探し)】

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.2(ヒアリング)】

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.3(建築家のヒアリング)】

【バスケットコートがある家!土地~完成をリアルに紹介vol.4(建築家によるプランプレゼン)】

 

カタログには載っていない、建築の意思決定を頂いた瞬間!!

『岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!』はこちらです。

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.1

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.2

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!vol.3

岡山県南 A様:意思決定からプランプレゼンまでを大公開!スピンオフvol.2.5「プランヒアリング編」

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事