ブログ

建房の住宅デザインを支える外壁材について!

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれな家づくりをしている建房の小川です。

 

今回のブログは大切なお家を雨風から守る大切な役割とお家のデザインに大きく関係する外壁のお話です!

 

外壁には様々な種類があります。デザインが良いもの・コスト・機能性・耐久性・メンテナンス性などすべての項目で100点を取れる外壁は残念ながらありません。
そこで重要になるのが、「お客様の最大の目的」を調査できるかできないかです!
調査が正しくできない工務店だと、お客様からの要望で多いおしゃれでデザイン性がある外壁をすすめてしまいます。

このような場合、耐久性、メンテナンス性を考えることなく決めているので、
結果、数年後にお客様に大きな損失を与えてしまうといったケースも少なくありません。

 

建房では、先ずお客様の状況、目的、悩みなど様々な聞き取りをしっかりさせていただき、お客様に合ったベストな外壁のご提案をさせていただきます!

 

建房でよく採用いただいている外壁をいくつかご紹介させていただきます。

 

よく採用いただく外壁

 

金属製サイディング(ガルバリウム鋼板)

 

一階に赤色のガルバリウム外壁を採用頂いたお家

 

スタイリッシュな印象のガルバリウム鋼板は軽くて丈夫ですが、キズが付きやすいデメリットがあります。

※ガルバリウム鋼板とは、鉄合金の板にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素(シリコン)1.6%の比率で出来たメッキ加工を施したものです。(ちなみに亜鉛だけでメッキしているのがトタンです)

 

木製サイディング

 

ガルバリウム鋼板に木製サイディングのアクセントのお家

広範囲に木製サイディングを採用頂いたお家

 

 

木製サイディングはナチュラルな印象で人気がありますが、メンテナンス性を考慮してアクセントとしての使用がおすすめです。

※建房では、主にウイルウォール(ウエスタンレッドシダー)を使用しています。

 

窯業系サイディング

 

 

黒系サイディングのお家

白系サイディングのお家

 

窯業系サイディングはデザインが豊富で比較的安価な為人気があります。建房ではシンプルなものを採用頂くことが多いです。

※窯業系サイディングはセメントと繊維を主な原料として板状に形成した外壁材です

 

吹付塗装仕上げ

 

グリーン系色の吹付塗装のお家

ブラウン系色の吹付塗装のお家

 

塗装仕上げを行うとシックで高級感のある仕上がりになりますが、若干汚れやすいデメリットもあります。

※吹き付けとは細かな砂利や砂などの骨材と、塗料を混ぜたものをコンプレッサーで吹き付ける方法です。

 

 

外壁材には、他にもたくさんの種類や施工方法があり、それぞれにメリット、デメリットあります。

外壁について悩んでいる、詳しく知りたい方はお気軽に建房スタッフにお尋ねください!^^

 

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事