ブログ

岡山で安い土地を探している方!予算内で購入するコツ知っていますか?

こんにちは、倉敷・岡山で建築家とおしゃれで、カッコイイ注文住宅(デザイナーズ住宅)を建てている建房の伊藤です。

 

今回は「岡山で安く土地を購入するコツ!!」を紹介していきます。

 

今回紹介させていただく内容は、土地の価格が高い事に悩まれ建房の提案で土地を安く購入しマイホームを建てられた実際のお話になります。^^

これから、土地探しをして注文住宅を建てられる方は是非、ご参考にしてください!

 

僕が書いた記事リンクを貼っていますので気になる内容があれば下記のタイトルをクリックしていただければページに飛びますのでぜひぜひそちらもご覧下さい(^^)

これを見ていただくと建房はオーナー様の不安な事についてどう解決しているかが分かると思いますので、まだ建築会社を決めかねている方は、一つ参考にしていただければと思います。
他社では考えれない提案力が含まれていますので楽しみにご覧ください^ – ^

南面に窓がなくても明るいプラン!!vol.1

南面に大きな家が建っていてもリビングが明るく、プライバシーも守られた開放的でおしゃれなプラン!!

リビングかの窓と玄関が外から見えない開放的でおしゃれなプランの全貌!!

 

 

それでは、土地を安く購入した事例をご紹介していきます〜^^

 

【今回の土地のお悩み】

購入希望エリアが岡山市北区という事で基本的に土地の坪単価が20万円を超えるエリアで探していました。仮に50坪の土地を購入すると土地代だけで1000万円以上かかってきます。総予算から建物代と諸経費を考えると土地代は800万円以下に抑えないと予算オーバーでした。そこで、

建房はこのような方法を提案しました↓

 

【建房が提案した土地】

(クリックしたら拡大できます。↑)

手前にカーポートの骨組みのみがあり、奥には木が生い茂り何年も住まれていない古屋が建っているこの物件を紹介させて頂きました。一般の方だとパッと見でここの土地は選択肢に入らないのではないでしょうか?

また、間口が4m以下と狭く奥に長い土地でした。

 

(クリックしたら拡大できます。↑)

土地の金額は780万円でこのエリアでは200万円以上もお値打ちな価格で販売されておりました。結局、何年も売れ残っておりましたので80万円値引きして頂きまして700万円で購入することができました。結果、エリアを変えずに結果300万円以上、土地代を浮かすことに成功しました。なかなか80万円も値引きしてくれる売主さんは初めてなので少しビビりました。

 

【一般的な不動産会社の土地の提案手法と建房の土地の提案の違い】

一般的な不動産会社はこのような古屋付きの変形地はまず紹介してこないです。なぜなら見栄えが悪く売れないと思い込んでいるから。また、何年も売れ残っているからが理由になります。なので良い土地(分譲地や綺麗な更地)を提案してくる可能性が高いです。そうすると土地代で予算を削られるのでお家がコンパクトになったり総予算が上がってしまいます。

しかし、建房の土地の提案はこのような一見デメリットしかない土地が実は大好物です。なぜなら安く買え、お客様に最善の提案が出来るチャンスだからです!

考え方一つで夢のマイホーム計画がダメになってしまったり、無理な予算にしてしまい「後悔」となってしまった事をよく聞きます。

このような事にならないよう、お客様のご要望とご予算は出来るだけ叶えれるよう、社内ディスカッションやセミナー参加をしています^^

 

 

【この土地に建房が建てた家】

まず骨組みのカーポートと古屋の解体です。こんな感じです↓

(クリックしたら拡大できます。↑)

古屋を解体して少し土を入れるだけでここまで見違えたように綺麗な土地になります。この状態でもし土地を販売すると1000万円は超えてくると思うのでいかに土地を上手く購入するのか賢く購入するのかがポイントになります。

実際に建ったお家になります。↓

(クリックしたら拡大できます。↑)

2階ベランダの斜めのウィルウォールと玄関のクマモンルーバーが特徴で土地の形状のせいか奥行きのあるお家になりました。

土地をいかに上手に安く購入することができると総予算を下げる一番のコツ(近道)なのかもしれません。

 

皆様、今回の内容はいかがでしたでしょうか??

 

建房では、今回のような様々なお悩みや不安に対してプロの建築家と経験豊富なスタッフが徹底的に向き合い必ず解決し、後悔させない注文住宅をご提案します^^
どんな小さいことでもよいので不安なところや心配なところがありましたら相談していただければと思います(^^)

今回は岡山市北区に建てられたH様にご協力を頂きました、誠に有難うございましたm(_ _)m

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事