オーナー様の声

Voice

オーナー様の声

倉敷市 IN様

建房で施工するにあたっての経緯(両親とのやりとりも含めて)

子どもの頃から「家」が好きで、自分の家を持つのが夢でした。 自分一人で土地探したり本を買って読んだり...知れば知るほど、 高い買い物だし、失敗できないしで、好きだったはずの「家」が 遠い存在に感じてました。建房さんとの出会いは、自分が「コレ はよい!」と思った酒津の土地を紹介してもらったのがきっかけ でした。結局そこは買えませんでしたが、土地探しから手厚く サポートしていただいて、最初は一人でしたが、妻が増え、建房 さんに助けられ、まさに理想の家を建てることができました。 非常に感謝しております。ありがとうございました。

物件画像

間取りでの要望

ロケーション大事! 仏間になる収納! 狭さを感じさせない内装! とにかく木! シンプル! 吹き抜け! リビングの見えるキッチン! お姉さんの所みたいな!   ■現場に入った職人さんへ一言(大工さん、水道屋さん、内装屋さん、外構屋さんなどなど) まさに理想の家。思いえがいていた家で大満足です。 ちょこちょこのぞかせていただいた際、皆さん優しくて安心しまし た。ありがとうございました!!

物件画像

建房の良かった点(スタッフの人柄なども含め、会社や現場のイメージ)

機能にこだわる大川さんと見た目のこだわり大森さん 2人からの提案はその都度魅力的で毎回悩みました。時々辛口な 大川さん面白かったです。 なんといってもアットホームな雰囲気、スタッフの方々の優しさと 家づくりへの熱意がひしひしと伝わってくる感じが安心できました 新しくなった事務所も居心地が非常によいです。 一生に一度の家づくりを大満足のいく形で終われただけでなく、 毎回毎回が楽しくできて、よい思い出となりました。 今後ともよろしくお願い致します。

物件画像

Other

他のオーナー様の声を見る
参加無料・満足度100%

後悔しない家を建てるための4STEP勉強会

参加された方の評価

  • ポイント1
  • ポイント2
  • ポイント3
  • ポイント4

家づくりで後悔する本当の原因はご自身に知識がないからです

『自分たちは、どんな家を建てたいのか?』と質問すると、それぞれのご家族、様々な想いや希望を持たれていて、想いを伝えることは出来ます。では、『どんな家を建てないといけないのか?』とご質問すると明確にお答えになれる方は少ないのではないでしょうか。
その最大の理由は皆様、家づくりが初めてだからです。経験をするのが初めてなので『知識』が少ないのが最大の理由だと思います。
では、皆様どのようにして家づくりをされているかというと、住宅会社に先導されて家づくりをされているのが実状です。このような状態では住宅会社の進めるがまま決めた結果、後悔してしまうパターンがとても多いというアンケート結果となっています。このような事にならないよう建房の4STEPで『知識』を身に付け後悔しない家づくりをご自身で叶えてください。

4STEPの内容

一生に一度の夢の判断基準が持てるようになるセミナー

後悔しない為にはどうすれば良いか。それは、『正しい知識』を身に付けることです。『正しい知識』は家づくりにおいて『有利な判断』をすることが可能となるので、大幅に後悔をする確率は低くなると思います。本当の良い家とはどのような事なのか、省エネに大きく影響する性能の理解など家の基本的な知識が身につく内容になっています。

1
STEP

何百万円も損をしない為の住宅ローンセミナー

住宅ローンはご存じの通り、他のローンよりも高額で長期間なので複雑です。組まれた住宅ローン内容によっては返済総額が数百万円変わることもありえます。故に『正しい知識と戦略』が住宅ローンについても必要です。住宅ローンセミナーでは基本知識から2つのローンを組合すハイブリットローンなどの普通では教えてくれないような内容をお伝えします。

2
STEP

根拠がある資金計画で安心のシミュレーション

どんなにカッコよくて住み心地の良い家を手に入れることが出来ても手放してしまっては、元も子も有りません。
建房では、根拠のある予算、すなわち『本当の予算』を元に家づくりを進めさせて頂きます。
『本当の予算』を把握出来ると、皆様自信を持って家づくりに取り込むことが出来ます。

3
STEP

他社と比べていただければ絶対に分かる圧倒的なデザイン

実際に建房の家をご自身の五感で体感頂きます。デザインや坪数(面積)は、2次元でもある程度理解出来ると思います。 ただ、『デザインのディテール(細部)』『温度』『空気の動き』『明るさ』『空間の広がり』は、実際に観ないとわかりません。
建房の圧倒的なデザインをご体感いただき、これからの家づくりの基準としていただければと思います。

4
STEP