お役立ち情報

かわいいけど困りもの。庭を荒らす猫の侵入を防止するには?

ペットとして愛されている、かわいい猫。

人気のペットなので、ご近所さんが猫を飼っているという方もいるのではないでしょうか。

ですが、野良猫や放し飼いの猫が庭に侵入してきてしまうことも。

かわいいだけならいいのですが、侵入した猫が敷地内で糞尿やいたずらをしてしまうと困りますよね。

綺麗に庭造りをしている場合はなおさらショックです。

そこでこの記事では、敷地内への猫の侵入を防ぐための対策をご紹介します。

猫の被害にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

猫の嫌いな匂いを使う

まずは、猫が嫌う匂いを使って猫よけをする方法です。

 

ハーブを植える

植物の強い匂いを、猫は嫌がります。

ローズマリーやレモングラス、ラベンダーやユーカリなどは匂いが強いため、効果があるでしょう。

人間にとってはいい匂いなのも嬉しいポイントですね。

また、こういったハーブには防虫効果もあり、枯れない限り効果が続くため、試しやすいかもしれません。

 

木酢液や竹酢液

園芸用品として土壌改良などに使われる、木酢液や竹酢液。

ホームセンターなどで売られています。

木酢液や竹酢液は独特の匂いがして、猫が嫌がります。

水で薄めて猫が通る場所にスプレーで散布したり、スポンジなどに染み込ませて置いておきましょう。

ただし、匂いは時間とともに弱くなります。

猫が覚えるまで、定期的に散布し続けることがポイントです。

 

市販の忌避剤

猫用の忌避剤は、ペットショップやホームセンターなどで購入できます。

猫が嫌うミントやハーブの香り、柑橘の香りなどいくつかの種類があります。

同じ匂いだと、猫が慣れてしまい効果が薄れてくることもあるので、違う香りを交互に使うと効果が長持ちするでしょう。

 

猫よけシートを敷く

トゲトゲのついたシートを敷くことで、猫の侵入を防げます。

敷き詰めるだけなので、楽に設置できます。

猫は少しの隙間でも通ってしまうため、隙間なく敷き詰めつることが重要。

猫よけシートはホームセンターなどで購入できます。

 

ブザーや超音波発生機を使う

センサー付きで、猫を感知するとブザー音や猫には聞こえる超音波を発し猫を追い払います。

近づくと音が鳴るため、猫が嫌がって近づかなくなります。

ただし効果には個体差があり、猫が慣れてしまうこともあるので注意が必要です。

猫の被害の多い地域では、こういった機械を貸し出している自治体もあります。

貸し出している場合は、購入前に試してみると良いでしょう。

 

まとめ

せっかく綺麗にお庭を作っても、猫にいたずらされてしまっては台無しです。

猫の侵入に困っている場合は、ぜひこの記事でご紹介した対策を試してみてください。

すぐには効果が出ないかもしれませんが、複数の対策を組み合わせて使ったり、交互に使ったりすることで効果が出てくるでしょう。

家づくりの段階から猫の侵入を防ぎたいと言う方は、ぜひ一度住宅の専門家にご相談ください。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 新築でも要注意!チャタテムシの予防策と駆除方法

  • 木の香りに包まれて入浴。檜風呂のメリット・デメリットとは?

  • 浴槽の素材の違いを知って、自分にぴったりな浴槽を選ぼう