お役立ち情報

屋根の裏側の軒の各部分の名称と材質をご紹介

軒天は延焼しにくい材質が採用される

軒とは、家の壁・窓よりも外に飛び出している屋根の部分のことをいいます。

外で雨やどりをする時に見上げた部分が軒天です。

最近は軒の短い家が流行っていますが、以前の日本の家は軒の出がある家がたくさん建っていました。

軒天の材料として一般的に有名なものは以下のものです。

・ケイカル板(珪酸カルシウム板)
・ALC(軽量気泡コンクリート)
・板張り
・合板

軒天は火災が起きた際に延焼しにくい上記のような材質が使われることがほとんどです。

軒先・ケラバ・雨樋のこと

ここで軒にまつわる3つの部位についてご紹介します。

・軒先:軒の先の部分のこと
・ケラバ:切妻屋根・片流れ屋根などである樋がついていない側のこと、妻側の端の部分
・雨樋:細長い筒状の樋のこと、雨水を軒先で受け筒を通して地面に流す役割

軒についての相談は家づくりのプロへ

これまで紹介した軒天や樋等は家のデザインに合わせて色や材質を選ぶことができます。

軒や屋根の側面の破風と呼ばれる部分を木目調に変えるだけでも外観の雰囲気はガラッと変わるので、実は外観コーディネートの重要な役を担っています。

また、軒天に防火構造の防火有孔板を使用するとより防火性能を高めることができます。

防火有孔板に軒裏換気ができるものを用いればさらに高まるでしょう。

まとめ

軒やケラバ、雨樋など、様々な部材や材質があり、選ぶのは結構大変です。

デザイン面も防火面も妥協したくない方も多いでしょう。

ぜひ建築のプロ・建房にご相談ください。

妥協しない家づくりにご協力します。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 流行中のおしゃれな軒ゼロ「箱の家」のリスクとは?

  • 日本家屋に昔からあった軒のメリット3つを紹介

  • 建物の脇役?実は庇にはこんなにもたくさん効果がある