岡山でデザイン、価格、性能のバランスが良い注文住宅を建てる建房

お役立ち情報

二世帯住宅の成功と失敗はお互いの生活スタイルの確認と間取りの反映

2つの家族が一緒に暮らす二世帯住宅を成功させるために

近年では二世帯住宅を建てる方が増えつつあります。

それは、以下のような理由があるとされています。

・税制が優遇されるから

・夫婦共に働くために親世代に子育てを手伝ってもらいたいから

・将来両親を介護するため

 

新築で住み始める前は、上記のような理由もあり前向きに二世帯での生活を考えている方も多くいたはずです。

しかし、二世帯住宅を決断して後悔した、失敗したと考える方もいるようです。

中には、「同居前まで仲良くしていた義理のご両親との仲が悪くなってしまった」というように今後の生活にも関わってくるような事態にまで陥ってしまった事例もあります。

そのような失敗する恐れもあるような二世帯住宅では、建てる前から不安になってしまう方もいるでしょう。

建ててから後悔しないためにも、二世帯住宅を建てる前に知っておくべき成功のための秘訣をお教えします。

 

親世帯と子世帯では生活様式が違うことを知る

二世帯住宅を建てる前に必要なことは、親世代と子世代での話し合いです。

新築を建てる前にはそれぞれの理想や夢がそれぞれにはあります。

家族それぞれで意見が食い違ってくることもあるため、家族での話し合いはとても大事です。

親世帯子世帯それぞれの意見を想像してみましょう。

 

親世帯

・二世帯住宅を建てれば孫と毎日一緒に居られる

・老後は子世帯に面倒を見てもらえるかも

・世帯の垣根はなく、一緒に生活するのが当たり前では

 

子世帯

・共働きで必要な時だけ親世帯に子供の面倒を見てもらうようにしたい

・常に一緒ではなく、お互いのプライバシーを守った生活をしたい

 

親世帯は同じ屋根の下で食事も風呂も同じ空間を使うイメージがある方が多いようですが、子世帯ではできれば自分たちのキッチンや浴室を持ち、必要な時だけ親世帯と触れ合うような関係が理想だという方が多いようです。

親世帯・子世帯とも、それぞれの考え方が当たり前のように思っていますが、お互いの認識の違いはしっかりと把握しておくようにしましょう。

後から「思っていた生活とちがった」となってしまえばお互いの関係がギスギスしてしまいます。

 

二世帯住宅の成功は入念な話し合いが鍵

お互いの認識の違いの把握をしたら、お互いの生活リズムの違いについてもしっかりと話し合っておくべきです。

親世帯と子世帯では、朝起きる時間も食事の内容も洗濯の仕方も子どもの教育の仕方も全て違う場合があります。

同居となると今までの生活リズムが崩れてしまうため、お互いにストレスを感じることがあるでしょう。

そうならないためにも、同居前から今までの生活習慣などは話し合いが必要です。

お互いの生活スタイルが見えてきたら、お互いがストレスをためないための間取りの検討をしていきます。

玄関、キッチン、お風呂を共用にするかどうかは、生活リズムの違いによって決めるようにしましょう。

できればそれぞれ分けたいということであれば、設備費でどのくらい費用がかかるかなどはしっかりと確かめておくことです。

 

二世帯住宅を成功させたいならぜひ建房まで

親世帯と子世帯がそれぞれ話し合っても気づけない部分はたくさん見えてきます。

住んでから後悔しないためにも建築の専門家にも仲介に入ってもらって家づくりの計画を進めていくことをおすすめします。

お互いに直接言えない意見があれば、専門家に相談してお互いがギスギスしないようにバランスを取ってもらうようにしましょう。

岡山の注文住宅会社である建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

Event

イベント情報

【土間収納のある家】完成見学会開催決定! 3月6日(土)・3月7日(日)・3月8日(月) 浅口市鴨方町鴨方にて完成見学会&性能体感会開催します!

(実際の建物の模型です)   浅口市鴨方町鴨方に、高気密・高断熱・高性能な上にエッジの効いた住宅が完成致しました! オーナー様のご厚意により、建築家がデザインした省エネ住宅完成体感会を開催致します!   【完成見学会内容】 建房デザインが詰...

もっとKenboを
知る。>

もっとKenboを知る。

Recommend

おすすめ記事

  • 自分の庭で地植えできる植物を紹介 ワイヤープランツ、ヒューケラ、ハツユキカズラ

  • マイホームで子供と一緒に楽しめる植物選びと庭づくり

  • ウッドデッキとタイルデッキを新築に施工するメリットや違いについて

トップへ戻る