お役立ち情報

最新のインターホンの防犯性能がすごい!来客を知らせるだけじゃないその機能とは?

インターホンといえば、来客の際にチャイムを鳴らして知らせるものでした。

ですが、いまやインターホンの機能はそれだけではありません。

特に最新のインターホンには様々な機能が搭載されているため、防犯に対して強い効果を発揮します。

今回はそんな最新のインターホンの機能をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

従来のインターホンの危険性

昔のインターホンは、ただ音を鳴らして来客を知らせるという機能のみでしたが、今はモニター付きのインターホンが主流となりました。

モニターが付いただけでも防犯性能は高くなったと言えますが、それでも十分ではありません。

例えば、突然やってくるセールスや営業の訪問はあまり対応したくないものです。

そんな人達の中には、居留守を避けるためにわざとモニターの死角からインターホンを鳴らす人もいます。

また、空き巣はわざとインターホンを鳴らし、不在かどうか確認することも。

このような場合、モニターだけでは防犯性能は十分とは言えません。

では、最新のインターホンはどのような機能がついているのでしょうか。

 

最新のインターホンの防犯性能とは?

録画機能

来訪客がインターホンを押した際に、自動で録画してくれる機能です。

留守中に誰が来訪したのかがわかる機能になっています。

空き巣は在宅の確認でインターホンを鳴らすことがありますが、モニター付きの場合は録画を恐れその家を避けるでしょう。

また、録画機能付きのインターホンは、防犯カメラ代わりにもなります。

例えば、誰かがチャイムを押したときだけではなく、人感センサー付きで誰かが近づいたときに自動で録画してくれるものもあります。

 

広角レンズ搭載

広角レンズのインターホンは、居留守を避けるために死角からインターホンを押してくるような人でも写すことができます。

また、インターホンのカメラの死角から侵入しようとするような空き巣に対しても、防犯カメラ代わりとして有効です。

カメラの死角が多いとモニター付きインターホンの効果が発揮できないことがあるため、広角レンズ付きのものがおすすめです。

 

スマホとの連携

インターホンが鳴ったときに応対するためには、応対用のモニターのところに行かなければなりません。

ですが、スマートフォンと連携できるインターホンであれば、スマホから応対することができるのです。

例えば外出中でもインターホンに応対できるため、留守中を狙う空き巣に対して高い防犯効果があります。

また、その場で出られなくても、スマホから録画を見ることができるため誰が来訪したのか確認することができます。

留守中でも来客があったことがわかるため、留守にしがちの人にもおすすめな機能です。

 

電子錠との自動連携

チャイムが鳴り、モニターやスマホで来訪者の確認をしても、鍵を開けるためには玄関まで行かないといけません。

ですが、電子錠と連携していれば、わざわざ玄関まで行かなくても鍵を解錠することができます。

家族が帰ってきたときや、友人が遊びに来たときなどに便利でしょう。

 

まとめ

家電の進化はめざましく、次々に便利な新しい機能が開発されています。

インターホンも、どんどん便利な機能が搭載されています。こういった機能をうまく使い、防犯に役立てたいですね。

家を建てる際は、ぜひこういった便利な機能を取り入れてみてください。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは