お役立ち情報

間接照明3種類をご紹介 取り入れやすい間接照明で室内を手軽にオシャレに演出

オシャレで癒し効果のある間接照明

間接照明とは、直接光を部屋全体に当てるのではなく壁や天井に光を当てて反射させて照らす照明のことをいいます。

インテリアをオシャレに演出してくれるので、高級感が感じられ少し敷居も高く感じる方も多いのではないでしょうか。

ですが、実は間接照明は直接的な光よりも柔らかい光を発すのでその光にはリラックス効果があると言われています。

そのため、リビングや寝室など落ち着いた空間を作りたい場合には間接照明を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、狭いお部屋にも間接照明はおすすめです。

間接照明には部屋を広く見せる効果もあり、上手く間接照明を使うとその部屋にメリハリをつけることもできます。

主な間接照明3つをご紹介

主な間接照明を3つご紹介します。

コファー照明

掘り下げた天井部分に照明を取り付ける間接照明をコファー照明といいます。

リラックス効果のある柔らかい光が特徴的で、様々な形状の部屋に取り入れることが可能です。

明るさはあまりないので、実用的に使用できる照明一緒に照明計画を検討する必要があるでしょう。

コーブ照明

折り上げた天井部分に照明器具を取り付け、天井に光を当てて反射させる手法をとる間接照明はコーブ照明です。

コファー照明よりも照らす範囲が広く取れるので、空間を明るくすることができます

高級感のある仕上がりになるので、ホテルのロビーや寝室で良く採用されています。

高い天井を照らす際に有効な手法なので、壁面をうまく活用した部屋を作りたい時にはうってつけの間接照明といえるでしょう。

コーニス照明

コーニス照明は、壁を照らす間接照明です。

テレビの背面に用いることが良くありますが、これは「グレア」という物の見えづらさや不快感を感じさせる眩しさを和らげる効果があるからです。

オシャレで空間の広がりも演出できますが、実は実用面でも良い演出をしてくれる間接照明といえるではないでしょうか。

コーニス照明は手軽でオシャレな間接照明

間接照明を取り入れるのは敷居が高いが、手軽にできる間接照明があれば挑戦してみたいという方には「コーニス照明」をおすすめしています。

壁を演出するコーニス照明は、天井を演出するコーブ照明やコファー照明よりも比較的お手入れがしやすい照明で、忙しい方でも取り入れやすい間接照明手法です。

リビングや寝室など、オシャレに仕上げたい場所に採用したいという方はぜひコーニス照明を試してみてはいかがでしょうか。

素敵な空間演出をしたい方はぜひ建房のインテリアや照明のプロにご相談くださいね。

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • パッシブデザイン 「日射遮蔽」の代表「南側の深い庇」の特徴とは

  • 住宅設計で熱の動きをコントロール 幅射・対流・伝導を理解する

  • 地盤改良が必要な土地とは?地盤調査によってわかる土地の地盤の強さ