お役立ち情報

狭いキッチンでも快適に!スペースを有効活用するためのポイント

憧れのマイホームを建てるなら、広くて快適なキッチンにしたいと思われるかもしれません。

ショールームのような広くて明るいキッチンは、奥様にとって憧れですよね。

ですが、敷地や間取りの関係で、キッチンのスペースを広く取れないこともあるでしょう。

そんなときには、少しの工夫でキッチンの使い勝手をよくすることができます。

そこでこの記事では、小さなキッチンでも快適に使える工夫をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

壁面収納を活用する

キッチンは、鍋やフライパン、おたまなどの調理道具から、調味料や食材まで、様々なものを収納する必要があります。

ですが、キッチンが狭いと十分な収納を確保できないかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、壁面収納を活用すること。

例えば、コンロの横にフライパンやおたま、フライ返しなどの調理道具を吊るして収納できるようにしたり、調味料ラックを使ったり。

壁に取り付けて使用できる、フライパンや鍋の蓋を掛けるラックもあります。

キッチンの壁は意外とデッドスペースになっているため、壁面収納をうまく利用すれば収納を増やすことができますよ。

また、使いたいときにすぐに手が届くため、使い勝手も良くなります。

ただし、壁面収納は「見せる収納」になるので、ごちゃごちゃしてしまいがちかもしれません。

アイテムの色を統一したり、サイズ感を揃えることによってすっきりとした印象にすることができます。

工夫しながら、使いやすくおしゃれな収納にしてみてくださいね。

 

コンロカバーを活用する

キッチンで大きなスペースを取っているのが、コンロです。

ですが、火を使わないときはデッドスペースになってしまいますよね。

小さなキッチンだと、作業スペースが狭いのが問題になることもあります。

そこで、コンロを使わないときはコンロカバーを使うことによって、作業スペースを増やすことができます。

コンロを使うときはカバーを取り外すだけなので簡単です。

また、キッチンを使わないときにもコンロカバーしておくことによって、キッチンをすっきりとさせることもできます。

 

キッチンワゴンを活用する

キッチンワゴンを使えば、収納と作業スペース不足を一気に解決できます。

内部には食材や調味料だけでなく、調理道具やお皿なども収納できます。

そして上部は作業スペースとして使えるため、まさに一石二鳥。

キャスターつきのキッチンワゴンは好きな場所に動かせるため、使わないときは収納の中や別の部屋に保管しておくこともできます。

 

まとめ

広いキッチンは、たしかに作業もしやすく憧れるかもしれません。

ですが、もしキッチンのスペースを広く取れなくても、工夫次第で使いやすいキッチンにすることは可能です。

ポイントは「収納」と「作業スペース」をうまく確保すること。

限られたスペースでも快適なキッチンにするには、ぜひ住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは