お役立ち情報

玄関やキッチンにマットはいらない?確認しておきたいメリットとデメリット

玄関やキッチンにはマットを敷いている方が多いと思います。

ですが、マットのお手入れが大変と思われている方もいるかもしれません。

玄関やキッチンにマットは本当に必要なのでしょうか。

そこでこの記事では、マットを敷くメリットとデメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マットを敷くメリット

床の汚れや傷の防止

玄関やキッチンは、床が汚れやすい場所と言えます。

玄関は外から土埃や泥が入ってきやすいですし、キッチンも料理の際に水や油が飛んでしまいやすいです。

そこで、マットを敷くと床が汚れるのを防止してくれるというメリットがあります。

また、物を落としてしまったときに床に傷がつくのを防いでくれるというのもメリットです。

特にキッチンでは、鍋やフライパンなど重たい調理器具を使うため、落としたときに床に傷がついてしまう危険性が高いでしょう。

 

床からの冷え防止

特にキッチンは、家事のために長時間過ごすこともあります。

冬場などは、足元から冷えがダイレクトに伝わってきてしまいます。

そこでマットを敷くことで、床の冷たさを和らげることができるでしょう。

 

インテリアのアクセントになる

マットを敷くことで、インテリアのアクセントになるというメリットもあります。

マットには様々な色や柄のものがあるので、気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

また、マットを取り替えることで簡単にインテリアの雰囲気を変えることができるのもメリットです。

 

マットを敷くデメリット

マットのお手入れが大変

床が汚れるのを防いでくれるマットですが、マット自体に汚れが蓄積してしまいます。

そのためマットを定期的にお手入れする必要があります。

定期的に洗濯したり、傷んできたら取り替えるという手間がかかります。

またマットにはほこりがたまりやすいため、こまめに掃除機をかける必要もあるでしょう。

 

シミや汚れが目立つ

マットの色によっては、シミや汚れが目立ち気になってしまうことがあります。

特にキッチンの油汚れなどは放っておくと落ちにくくなってしまいますので、こまめな洗濯が必要かもしれません。

 

まとめ

玄関やキッチンの床を、傷や汚れから守ってくれる玄関マット。

ですが、敷くことによるデメリットもあります。

普段あまり料理をしないという方はキッチンマットは不要かもしれません。

また、物を減らしてシンプルな暮らしがしたいという方にも必要ないかもしれません。

自分のライフスタイルに合わせて、マットが必要かどうか考えてみてくださいね。

自分のライフスタイルにに合った家づくりがしたいという方は、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてください。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • キッチン収納の味方!パントリーのメリット・デメリットとは

  • 家の中でも危険!子供の転落事故を防ぐために注意すべきこと