お役立ち情報

腰壁はデザイン以外の機能も有り!オープンキッチンに必要な高さとデザイン

腰壁には優秀な機能性もある

腰壁とは従来、壁の上下をそれぞれ違う素材で仕上げするインテリアデザインのことを言います。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、以前は大変人気だった頃もあります。

近年では、「腰壁」とはリビングからキッチンの手元などを隠す壁として呼ばれることが多いです。

これはオープンキッチンが普及したことからそのように称されるようになりました。

以前までの腰壁はデザイン性を重視したものでしたが、オープンキッチンに使用する腰壁は機能性もデザイン性も持つものであることが重要視されています。

腰壁の高さの決定方法

腰壁を採用する場合、まずは高さを決定します。

腰壁の高さが決まると必然的にカウンターの高さも決まってくるのです。

腰壁をキッチンの作業台よりも高くすると腰壁によってキッチンの手元が見えなくなるので、手元を隠したい方にはおすすめです。

反対に、作業台よりも低い腰壁はダイニングテーブルの代わりとして使えます。

この場合、椅子の高さを腰壁のダイニングテーブルに合わせるようにしましょう。

さらに、キッチンの高さと腰壁の高さを同じにすると、キッチンと腰壁がフラットになるのですっきりとしたデザインになります。

ただ、しっかりと片付けをしないとごちゃごちゃした雰囲気になりやすいので、その点注意が必要ですね。

家づくりのプロはキッチンの腰壁もアドバイス

腰壁は一般的な高さは1mくらいですが、キッチンに立つ方の身長や、キッチンからダイニング・リビングにかけてどのくらいの開放感があってほしいなど、人によって最適な高さは異なってきます。

腰壁だけ他と違う素材の壁紙を使ったり、その部分だけ塗り壁にしたり、ニッチをつけたりなど腰壁にもさまざまな工夫が施せます。

理想のデザインがあれば、せひご相談ください。

まとめ

腰壁の高さは、住む方がどのようなデザインや機能を求めているかで変わってきます。

ご自分の理想の形を探し、素敵なマイホームをつくりましょう。

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 錆は倒壊の危険が!鉄骨住宅を守るための防錆措置について

  • 人気のALC(軽量気泡コンクリート) その理由は結晶構造のキメの細かさにある

  • 建築基準法違反の無窓居室 自然換気と自然採光の必要性