お役立ち情報

大事な観葉植物をコバエや虫から守る!コバエ対策をご紹介

コバエ対策で観葉植物を守る

緑色の植物は癒し効果があり、最近では観葉植物を部屋に飾る方も多くなています。

部屋の中に植物があることでおしゃれにもなるので、人気が高いですね。

ただ、植物を家に飾るとコバエなどの虫が発生するので、その点気を付けなければなりません。

ここでは観葉植物を飾る際のコバエ対策をご紹介します。

コバエ対策で土を守る

コバエは植物以外にも植物の土によってくる場合もあります。

例えばコバエの中でもキノコバエ類と呼ばれる種類の虫は有機用土の成分が好物のため、それを狙って集まってきます。

水に寄る性質のあるチョウバエ類の虫は観葉植物の受け皿にたまった水に寄ってきます。

一度コバエは発生するとその場所に卵を産みます。

するとたとえ飛んでいるコバエを駆除しても一度棲家とした場所からまた卵が孵ってしまい、また駆除をする、しかしまた棲家に卵を産んでそれが孵って・・・と延々とコバエと戦うことになる恐れがあります。

そうならないためにも、事前に予防してコバエ対策をとっておくようにしましょう。

コバエ対策で薬剤(忌避剤)は使用する?

コバエ対策・予防で最も効果的なのは薬剤(忌避剤)を使って駆除することです。

しかし、小さい子どもやペットがいるご家庭の場合、薬剤の使用を躊躇ってし合う方もいるでしょう。

そんなご家庭の方は、誤飲の恐れのない水に溶かして使用するタイプの忌避剤を使うようにしましょう。

土に撒く種類の忌避剤は子どもが口に入れたり、ペットが舐めてしまうなどの危険性がありますが、水に溶かすタイプならそんな心配もなく安心して使えます。

忌避剤の匂いが苦手という方は、室内でも使える匂いの少ないものを選ぶと良いでしょう。

薬剤は極力使いたくないという方は、木酢液という木材を乾留した時にできる液の上澄分の液を薄めて使うと忌避剤に似た効果が得られます。

ただ、独特の匂いがあるため、苦手な方も多いかもしれませんね。

他にもコバエの特性を利用して、コバエを寄り付かなくすることもできます。

定期的なお手入れが必要ですが、少しの手入れで観葉植物を長持ちさせることもできます。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは