岡山でデザイン、価格、性能のバランスが良い注文住宅を建てる建房

お役立ち情報

つらい花粉症を乗り越える!換気システムとカーテンの改善

室内でもつらい花粉症の対策方法

毎年春になると花粉症で目も鼻もつらい、という方は多いでしょう。

仕事や学校で止むを得ず外出した時は特に辛いと思いますが、花粉症の方は家の中でもその症状で苦しむケースが多いです。

家の中でも花粉症に苦しむ原因は、室内の換気をした時や家の玄関を開け閉めした時に花粉が室内に入り込んだり、出入りした時に衣類に付着していたものを家の中まで持ち込んでしまったりしたことなどが挙げられます。

花粉症の人は、一緒に住む家族にも気を使わなければならないので、肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか?

ただ、今までずっと花粉症出なかった方でも、ある日突然花粉症の症状が出る場合もあります。

というのも、年中飛んでいる花粉が体の中に蓄積されることで花粉症になることがあるからです。

特に花粉飛散量のピークは2〜3月なので、今花粉症ではない方も今のうちに予防しておくとピーク時を乗り越えられるでしょう。

 

花粉キャッチカーテンで窓を開けた換気を

花粉の時期でも窓を開けて換気をしたいですよね。

そんな時は網戸や花粉キャッチカーテンを使ってできるだけ花粉の侵入を防ぐ必要があります

また、換気の際は窓を全開にはしないようにしましょう。

もうすでに花粉が家の中に入ってしまっている場合は、掃除機をかけたりして花粉を取り除く必要があります。

その際は、花粉が空気中に舞わずに掃除ができるように、床は水拭きをしてから掃除機をかけることが重要です。

 

換気システムを使った換気!高気密の家でピッタリの換気方法

高気密の家とは、窓を開けた換気ではなく、換気システムを使った換気をメインとした家のことです。

換気システムには以下の3種類があります。

・第一種換気:給気、排気を機械を使って換気をするシステム

・第二種換気:給気は機械で、排気は自然で換気するシステム

・第三種換気:給気は自然で、排気は機械で換気するシステム

 

高気密の家であれば計画的に換気をすることで家の中を快適にすることが可能です。

どの換気システムでも花粉の侵入を防ぐフィルターが吸気口に取り付けられているので、花粉を家に取り込まずに家の中を換気することができるのです。

 

花粉もブロックする高気密の家の特徴

気密性の低い家は、ショートサーキットという現象が起きて家の空気がうまく循環されなくなります

(ショートサーキットとは、給気口と排気口の位置が近すぎると給気口と排気口の間の狭い距離で空気が循環してしまい、その家・部屋全体の換気がうまくいかず換気効率が悪くなってしまう現象のこと)

 

換気がうまく行われないということは、家の中の花粉がうまく外に吐き出せていないということです。

家の中に花粉を残さないような家をつくるなら、「高気密」で「第一種換気」を採用しましょう。

高気密であればショートサーキットも起こさず、機械を使った第一種換気で家の中の空気を綺麗な状態に保つことができます。

家づくりの際には、ハウスダストやシックハウス症候群なども解決できるので、高気密・第一種換気の組み合わせの家がおすすめです。

家の性能は住んだ後のランニングコストにも関わる重要なことなので、ぜひ一度家づくりのプロに相談してみてくださいね。

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております

機能面だけでなく、毎日使うのが楽しくなるオシャレなデザインの洗面化粧室を希望される方は、ぜひ建房へご相談くださいね。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

 

Event

イベント情報

【土間収納のある家】完成見学会開催決定! 3月6日(土)・3月7日(日)・3月8日(月) 浅口市鴨方町鴨方にて完成見学会&性能体感会開催します!

(実際の建物の模型です)   浅口市鴨方町鴨方に、高気密・高断熱・高性能な上にエッジの効いた住宅が完成致しました! オーナー様のご厚意により、建築家がデザインした省エネ住宅完成体感会を開催致します!   【完成見学会内容】 建房デザインが詰...

もっとKenboを
知る。>

もっとKenboを知る。

Recommend

おすすめ記事

  • 自分の庭で地植えできる植物を紹介 ワイヤープランツ、ヒューケラ、ハツユキカズラ

  • マイホームで子供と一緒に楽しめる植物選びと庭づくり

  • ウッドデッキとタイルデッキを新築に施工するメリットや違いについて

トップへ戻る