お役立ち情報

生活を便利にするアイデア!ウォークスルークローゼットとは?

ウォークスルークローゼットをご存知ですか?

ウォークインクローゼットは聞かれたことがあるかもしれません。

ウォークインクローゼットとウォークスルークローゼットは、どちらも歩いて入れる大きめのクローゼットであることは同じです。

ですが、大きな違いがあり、利便性も大きく変わります。

この記事では、ウォークスルークローゼットのメリットや利便性についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ウォークスルークローゼットとは?

ウォークスルークローゼットとは、通り抜けできるクローゼットのことです。

歩いて入ることのできるウォークインクローゼットとの違いは、ドアが2つ付いていて、通り抜けできるようになっていること。

細長い廊下のような部屋をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

入ると、両側にハンガーパイプや棚があり、部屋の反対側にもドアがあるというイメージです。

ウォークスルークローゼットは、その特性を活かして便利に使うことができます。

 

ウォークスルークローゼットのメリットとおすすめの間取り

ウォークスルークローゼットの一番のメリットは、通り抜けできることによって生活動線や家事動線がスムーズになることです。

また、出入り口を2つ設けることによって双方向から使用できるという利便性もあります。

おすすめは、例えば洗濯物干し場と寝室の間にウォークスルークローゼットを設ける間取り。

そうすれば、取り込んで畳んだ洗濯物を収納するのにも、寝室からクローゼットを利用するのにも便利です。

また、玄関とリビング、もしくは洗面脱衣室の間に設けるのもおすすめです。

外出時にコートなどを脱ぎ着しやすく、洗面脱衣室とつながっていればそのまま手洗いやシャワーを浴びることができるため、動線がスムーズです。

ウォークスルークローゼットを設置する場合、事前にどのような動線がスムーズかを考えながら間取りを作るようにしましょう。

また、採光や通風が確保できるという点もメリット。

クローゼットは通常窓がなく、空気がこもりがちになってカビなどの原因にもなってしまいます。

ですがウォークスルークローゼットなら空気の流れができることにより、カビを防ぐ効果もあります。

 

まとめ

収納の使い勝手や家事動線によって、家事の負担は大きく変わってきます。

ウォークスルークローゼットを取り入れることで、家事の手間を減らしたり、ズムーズな生活動線を実現することができるでしょう。

このように生活のしにくさやちょっとした不便な点は、間取りによって解決できる場合もあります。

マイホームを建築する場合は、自分や家族にぴったりの間取りにしたいですよね。

生活しやすい間取りは、生活動線や家事動線をしっかり考えて作る必要があります。

動線を考えた家づくりが気になる方は、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • キッチンの使い勝手が変わる!意外と重要なキッチン照明の選び方

  • 安全な鍵の受け渡しを実現する「スマートキーボックス」とは?

  • ひと味違ったリラックス空間!室内ハンモックの魅力とは