キッチンの「設備」の選び方 | 岡山で注文住宅のかっこいいデザイン・設計施工なら建房
性 能

キッチンの「設備」の選び方

 

こんにちは。

倉敷・岡山で建築家とおしゃれなデザイナーズ注文住宅を建てている建房の小林(史)です。

 

下記の記事でキッチンの選び方について解説していますが、キッチンの「型」だけでなく、どんな「設備」を導入するかも多くの方が悩まれるポイントです。

キッチンの選び方とは?見た目だけでなく機能性を知って自分たちに合ったものを

 

  • ガスがいいのかIHがいいのか?
  • グリルは必要か?
  • 食洗機や浄水器はどう選ぶべきか?

 

このようなことを今回は考察していきたいと思います。

 

加熱機器はガスがいい?それともIH?

 

近年では、オール電化のお住まいを増えてきて、ガスコンロではなくIHを選択する方も多くいらっしゃいます。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますが、正直なところ、光熱費を考えればガスの基本料金がかからないという点で、オール電化のほうがお得です。つまり、IHのほうが光熱費は抑えられます。IHのほうがガスや火を使わないという点で安全性は高いというのは、皆さんもご存知のところだと思います。

 

また、ガスコンロとIHで悩まれている多くの方から「料理の味は違うの?」というご質問をいただきますが、味は変わります。

 

IHは電熱で加熱するため、食材の中の水分に先に熱が伝わってしまい、炒めたとしても、どちらかというと食材が茹で上がる状態に近くなります。ガスは、表面が焼けて中に水分が閉じ込められますので、味や食感には差が出ます。炒め物などの多い中華料理を好む方にはガスがおススメかもしれません。

 

一方で、汚れにくさや掃除のしやすさはIHのほうが圧倒的に上です。ガスは、火の熱でどうしても上昇気流が発生するため、蒸気と一緒に油が換気扇に吸い込まれます。そのため、ガスコンロは換気扇がべとつきやすいのです。ただし、IHは上昇気流が起きにくい分コンロ周りがガスよりべとつく確率は高くなります。ですが、五徳(ごとく)がない分、拭き掃除もしやすいです。

 

IH・ガスともにグリルの機能は高まっている

魚焼きグリル。皆さんは、使っていますか?

 

  • 掃除するのが面倒
  • 調整が面倒
  • 水を入れるのが面倒

 

このような理由で敬遠されている方も少なくないと思いますが、近年、グリルの性能は非常に高まっています。

 

最近のグリルで焼けるのは、魚だけではありません。お肉を焼いたり、蒸したり、パンを焼いたり、ノンフライヤーとして使えたり。使いこなせば、レンジやオーブンなどに匹敵するほど万能な調理器具となるでしょう。

 

無水のタイプやパネルや網が外せるタイプなど、種類も豊富。これまでグリルなんて使ったことがなかった私も新居に高性能なグリルを入れましたが、今では毎日のように使っています。

 

食器洗い乾燥機はどう選ぶ?

 

「食器洗い乾燥機」に憧れている方も少なくないのではないでしょうか?

 

最近は、海外製の食洗機の人気が高まっていますが、日本製と海外製の食洗機では食器の入れ方が異なるので注意が必要です。

 

日本製は、主にスライドオープン型。上から食器を出し入れします。海外製のものを比較すると、容量も小さめです。また、日本製のものには洗浄機能だけでなく、乾燥機能や除菌機能が付いているのが一般的です。

 

一方、海外製は主にフロントオープン型で、扉がガバッと全て開くため、食器が入れやすく容量も大きいです。ただし、海外製の食洗機には乾燥機能がついていないものが多く、食器を乾かすためにコーティング剤を使用するのが一般的です。そのため「乾燥させたい」「除菌したい」という潔癖症気味の方には、海外製の食洗機は不向きだと考えられます。

 

食洗機は、見た目よりも機能や使い勝手が自分に合っているかどうかで選ぶようにしましょう。

 

浄水器の選び方

日本の水道水は、諸外国と異なりそのまま飲めます。安全性が高いことから、浄水力についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

 

その上で、浄水器を付けた場合1つ気をつけていただきたいのが、カートリッジをしっかり交換するかどうか。カートリッジを半年、1年とそのままにしていると、逆に雑菌が繁殖してしまい、浄水器をつけないほうが安全という矛盾が生じます。

 

また、浄水器のお水でお茶を作ったり、ペットボトルで保存したりする人もお話を聞いていると案外いらっしゃるのですが、基本的に浄水器を通した水は腐りやすくなります。冷蔵庫などでお茶を保管する場合「浄水器を通せば安全」というわけではないので、その点を留意したうえで取り入れるか検討しましょう。

 

自分たちが使いやすい設備を取り入れる

キッチンの設備まで選べるのは、注文住宅の醍醐味の1つ。

しかし、見た目のかっこよさや流行りで選ぶのではなく、自分たちが使いやすいか、自分たちに合っているかという視点で設備を選ぶことが大切です。

 

PRIVACY POLICY

個人情報の取り扱いについて

本ホームページでの個人情報の収集・利用・管理について、次のとおり適切に取り扱うとともに、皆さまに安心して利用いただけるホームページづくりに努めていきます。

個人情報とは

本サイトを通じて当社が提供を受けた、住所、氏名、電話番号、E-mail アドレス等、特定の個人を識別できる情報をいいます。

個人情報の収集について

本サイトを通じて個人情報を収集する際は、利用者ご本人の意思による情報の提供を原則とします。
個人情報の収集にあたってはその利用目的を特定し、明示いたします。
個人情報の収集は特定された利用目的を達成するために必要な範囲内で行います。

個人情報の利用制限について

提供いただいた個人情報は、あらかじめ明示した利用目的の範囲内で利用いたします。
個人情報は、本人の同意がある場合を除き、明示した利用目的以外で利用・提供することはありません。
個人情報の利用目的の範囲内において、個人情報を含む業務を外部委託する場合は、契約書等により当社と同等の個人情報の適正な管理を求めます。

個人情報の管理について

収集しました個人情報については、ホームページ管理者が厳重に管理し、漏えい、不正流用、改ざん等の防止に適切な対策を講じます。
当社が信頼に足ると判断した委託先に個人情報を委託することがあります。その利用目的は明示した当社の利用目的達成のために必要な範囲内に限ります。
利用目的に関し保存の必要のなくなった個人情報については、確実に、かつ、速やかに消去します。

IPアドレス等の利用について

当社ウェブサイトへのアクセスの傾向を分析するため、また、当社ウェブサイトで発生した問題を解決するために、アクセスのなされたIPアドレス、ドメインを記録することがあります。しかし、そのようなデータからは、お客様個人を特定することはできません。

クッキー(Cookie)について

当社のウェブサイトをより便利に閲覧していただくため、ウェブサーバよりお客様のコンピュータにクッキー(cookie)と呼ばれる小規模のデータを送付し、ハードディスクに記憶することがあります。ブラウザの設定でクッキーの受け取りを拒否することができますが、それによりウェブサイトのご利用が正常にできない場合がありますのでご注意下さい。
Google を含む第三者配信事業者は Cookieを使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいてインターネット上のさまざまなサイトに当社の広告を配信することがあります。Google広告または、Network Advertising Initiative のオプトアウトページにアクセスして、Googleを含む第三者配信事業者による Cookieの使用を無効にできます。

著作権について

当社ホームページの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

当社のホームページ上の文書(商品画像情報等含む)に関する著作権は、特別の記載がない限り、すべて当社ならびにサイト制作会社に帰属します。本ホームページをご利用いただく際には、非営利目的およびお客様内部の使用に限り、これらの文書を複製することができます。

文書に当社の著作権の表示がされている場合は、当該著作権の表示を付したまま複製していただくことが必要です。営利目的による複製、あるいは翻訳、有線送信等、上記以外の著作権法上の利用はできませんので、ご注意ください。

免責事項

当社は、当社が運営/管理するウェブサイト(以下、「本サイト」といいます)の運営にあたり、下記の各条項に定める事項については、免責されるものとします。
本サイトをご利用のお客様(以下、単に「お客様」といいます)は、本免責事項の内容をご承諾頂いたものと見なしますので、ご了承ください。

〈 第一条 〉

本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当社は本サイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また、本サイトを装ったウェブサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。本サイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。

〈 第二条 〉

当社は、本サイトにおける各種サービスまたは各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、その他本サイトに関連して発生したお客様または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。情報の閲覧やサービスの提供を受けるにあたっては、法令上の義務に従った上、お客様ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

〈 第三条 〉

当社は、本サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切関知しておらず、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。

当社は、お客様の便宜のためにこれらのウェブサイトへのリンクを提供しているにすぎず、これらのウェブサイトの利用や掲載商品、サービス等を推奨するものではありません。また、これらのリンクは、当社とリンク先のウェブサイトを管理・運営する法人・個人との間に、必ずしも提携・協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。