岡山でデザイン、価格、性能のバランスが良い注文住宅を建てる建房

オーナー様の声

Voice

オーナー様の声

岡山市 N様

建房で施工するにあたっての経緯(両親とのやりとりも含めて)

色々なハウスメーカーや家の販売のところへ行って、何が良いのか分からなくなっていたときに建房さんをネットで知りました。自分たちの納得できるデザインや建築?の仕組みについて教えてもらえたのでここで建てようと決めました。打ち合わせでは、理想と現実のおり合いをつけるのが大変だったかなと思います。実際に建ち上がっていく家を見ると図面では分からなかったことがリアルに分かり少し不安にもなりましたが、完成した家を見てとてもおしゃれで、自分たちにとって丁度いい家に仕上がったこと嬉しく思っています。実際に住んでみると気がつくこともありますがすぐに相談させてもらうことができるので安心しています。今までありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

物件画像

間取りでの要望

・リビングは家族がのんびり集える広さ ・リビング階段 ・お風呂は2階? ■現場に入った職人さんへ一言(大工さん、水道屋さん、外構屋さん、内装屋さんなどなど)    お忙しい中丁寧に作業を進めてくださりありがとうございました。とても大変なお仕事だと思いますので健康やケガに気をつけてがんばって下さいね。 大工さん、ニッチの提案をしてくださったり、私たちが見に行ったときには忙しい中相手をしてくださってありがとうございました。

物件画像

建房の良かった点(スタッフの人柄なども含め、会社や現場のイメージ)

小林さんとの雑談もとても楽しかったです。 回数がありすぎて~、何でしょう~、「建ってから?引き渡してから?が本当のお付き合いですよ~」の名言ですかね~  すぐに契約ではなく勉強会などがあったところ、おしゃれな会社の雰囲気や皆さんの服装、子どもと遊んでもらえたこと

物件画像

Other

他のオーナー様の声を見る
参加無料・満足度100%

後悔しない家を建てるための4STEP勉強会

参加された方の評価

  • ポイント1
  • ポイント2
  • ポイント3
  • ポイント4

家づくりで後悔する本当の原因はご自身に知識がないからです

『自分たちは、どんな家を建てたいのか?』と質問すると、それぞれのご家族、様々な想いや希望を持たれていて、想いを伝えることは出来ます。では、『どんな家を建てないといけないのか?』とご質問すると明確にお答えになれる方は少ないのではないでしょうか。
その最大の理由は皆様、家づくりが初めてだからです。経験をするのが初めてなので『知識』が少ないのが最大の理由だと思います。
では、皆様どのようにして家づくりをされているかというと、住宅会社に先導されて家づくりをされているのが実状です。このような状態では住宅会社の進めるがまま決めた結果、後悔してしまうパターンがとても多いというアンケート結果となっています。このような事にならないよう建房の4STEPで『知識』を身に付け後悔しない家づくりをご自身で叶えてください。

4STEPの内容

一生に一度の夢の判断基準が持てるようになるセミナー

後悔しない為にはどうすれば良いか。それは、『正しい知識』を身に付けることです。『正しい知識』は家づくりにおいて『有利な判断』をすることが可能となるので、大幅に後悔をする確率は低くなると思います。本当の良い家とはどのような事なのか、省エネに大きく影響する性能の理解など家の基本的な知識が身につく内容になっています。

1
STEP

何百万円も損をしない為の住宅ローンセミナー

住宅ローンはご存じの通り、他のローンよりも高額で長期間なので複雑です。組まれた住宅ローン内容によっては返済総額が数百万円変わることもありえます。故に『正しい知識と戦略』が住宅ローンについても必要です。住宅ローンセミナーでは基本知識から2つのローンを組合すハイブリットローンなどの普通では教えてくれないような内容をお伝えします。

2
STEP

根拠がある資金計画で安心のシミュレーション

どんなにカッコよくて住み心地の良い家を手に入れることが出来ても手放してしまっては、元も子も有りません。
建房では、根拠のある予算、すなわち『本当の予算』を元に家づくりを進めさせて頂きます。
『本当の予算』を把握出来ると、皆様自信を持って家づくりに取り込むことが出来ます。

3
STEP

他社と比べていただければ絶対に分かる圧倒的なデザイン

実際に建房の家をご自身の五感で体感頂きます。デザインや坪数(面積)は、2次元でもある程度理解出来ると思います。 ただ、『デザインのディテール(細部)』『温度』『空気の動き』『明るさ』『空間の広がり』は、実際に観ないとわかりません。
建房の圧倒的なデザインをご体感いただき、これからの家づくりの基準としていただければと思います。

4
STEP