お役立ち情報

鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは

鳥のフンや、庭を荒らされるなどの鳥害に悩まされている方もいるかもしれません。

カラスや鳩などの街中に生息する鳥は、人に慣れているため追い払おうとしてもなかなか難しいです。

ベランダや庭先が鳥のたまり場になってしまうと、フンや羽が大量に落ちて掃除も大変。

鳥を見るだけで嫌になってしまうかもしれません。

ですが、鳥獣保護法によって野鳥の駆除は禁止されています。

そこでこの記事では、家庭でできる鳥害対策についてご紹介します。

 

防鳥ネットを使用する

物理的に鳥の侵入を防ぐことができるのが、防鳥ネットです。

ベランダに鳥が集まって、フンや羽に悩まされている場合、防鳥ネットで防ぐことができるでしょう。

また、庭の草花や家庭菜園を荒らされている場合も、花壇や畑にネットをかけることで被害を防ぐことができます。

ただし、景観を損ねてしまうのがデメリット。

また、鳥のフンはネットの網目を通り抜けてしまうため防ぎきることができません。

見た目が気になる場合は、透明で目立たない防鳥ネットもあるためそういったものを取り入れると良いでしょう。

 

スパイク(針山)を使用する

表面にトゲトゲの突起物がついたスパイク。

こちらも、物理的に鳥を寄せ付けない効果があります。

ベランダに鳩が集まってくる場合は、ベランダの手すりに設置することで鳥がとまれなくなります。

鳥は学習能力が高いため、「ここにはとまれない」と覚えると来なくなるでしょう。

ステンレス製のスパイクなら、雨で錆びてしまう心配もなく、屋外でも長く使えます。

ただし、スパイクは先が尖っているため、気をつけないと人間も怪我をしてしまうことがあります。

小さいお子さんがいるご家庭には向かないかもしれません。

 

忌避剤を使う

忌避剤とは、鳥にとって苦手な味や匂いのする成分が入った薬剤です。

スプレータイプで散布するものや、固形タイプで置いておくもの、ジェルタイプで手すりなどに塗るものなどがあります。

スプレータイプはあまり持続性が高くなく、数時間で効果が切れてしまいます。

そのためこまめに散布する必要があります。

嫌な臭いや味のする場所は、鳥が覚えて近づかなくなります。

効果がないと思っても、しばらく散布していると鳥が覚えて近づかなく鳴るかもしれません。

また、鳥によってもお効果のある忌避剤が違うことがあるので、いろいろなタイプを試してみてください。

 

まとめ

家庭でできる鳥害対策についてご紹介しました。

せっかくマイホームを建てても、鳥に荒らされてしまってはたまりませんね。

もしも鳥害に悩まされることがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 猫が快適に過ごせる環境をつくろう!猫を「完全室内飼い」するための家づくり