お役立ち情報

床材の選び方とは?種類とメリット・デメリットをご紹介

家の中をくつろげる空間にするために重要なのが、床材の選び方です。

床は直接体に触れる時間が長い部分。

そして汚れやすい部分でもあるので、汚れにくさや掃除のしやすさも重要です。

床材は様々な種類があるため、どのように選んだら良いか迷われるかもしれません。

そこでこの記事では、代表的な床材の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ぜひ床材選びの参考にしてみてくださいね。

 

フローリング

フローリングのメリット

木の温かみを感じるフローリングは、ナチュラルな木目の風合いが人気です。

インテリアにも馴染みやすく、どんな部屋にもマッチしやすく使いやすいでしょう。

また、強度が高く、木材の種類にもよりますが傷がつきにくく長持ちします。

 

フローリングのデメリット

木材でできているフローリングは、水に弱いのがデメリット。

水分を含むと膨張したり変色したりする可能性があります。

そのため、キッチンや洗面所などの水を使う場所には適していません。

水回りに使いたい場合、防水加工をした水回り用のフローリングもあるため、そういったものを選びましょう。

 

クッションフロア

クッションフロアのメリット

表面が塩化ビニルでできているクッションフロアは、防水性が高いのがメリットです。

水や汚れをはじくため、かんたんな汚れなら拭き取るだけでOK。

洗面所やトイレなどの水回りに適しています。

また、デザインや色のバリエーションが豊富なため、選ぶ楽しみもあります。

木目調や石目調など、様々なデザインから選べます。

他の床材に比べ価格が安いのもメリットです。

 

クッションフロアのデメリット

弾力性のあるクッションフロアは、跡が残りやすいのがデメリットです。

家具などを置くと、凹みが跡になって残りやすいです。

そのため、多くの家具を置いたり模様変えのため家具を移動することのあるリビング・ダイニングなどには向かないでしょう。

また、熱に弱く、熱湯をこぼした場合表面が溶けてしまうことがあるため注意が必要です。

 

フロアタイル

フロアタイルのメリット

陶器などでできたタイルは、水に強く汚れにくいのがメリットです。

硬く強度も高いため、傷がつきにくく耐久性も高いです。

汚れがついた場合にゴシゴシこすって落とすことができます。

また、大理石調やテラコッタ調など様々なデザインがあり、インテリアに高級感を出すことができますよ。

 

フロアタイルのデメリット

フロアタイルは硬くクッション性がないため、転んだときに怪我をしてしまうリスクは高くなります。

小さなお子さんや足腰の悪い高齢者のいるご家庭には向かないでしょう。

また、硬いため防音性も劣ります。

防音したい場所には向きません。

 

カーペット

カーペットのメリット

ふかふかした感触のカーペットは、肌触りが良いのが特徴です。

裸足で歩いても気持ち良いでしょう。

他の床材とくらべて、冬場でも冷たさを感じず暖かく過ごせます。

やわらかくクッション性が高いため、足腰への負担がかかりにくいのがメリットです。

滑りにくいため、足腰の弱い高齢者のお部屋に向いています。

また、柔らかいため防音性にも優れています。

カーペットのデメリット

布製のカーペットは水に弱く、拭き掃除ができないのがデメリット。

コーヒーなどの色のついた飲み物をこぼしてしまうと、シミになって残りやすいです。

また、ホコリがたまりやすく、こまめな掃除機がけが必要です。

ダニが発生しやすいのもデメリット。

こまめに掃除機をかけてダニを繁殖させないようにしましょう。

 

畳のメリット

自然素材でできている畳は、い草の香りがして癒やされます。

柔らかく肌触りもよく、素足で歩いても気持ちがいいです。

さらに、やわらかく保温性や防音性も優れています。

高齢者や小さなお子さんがいるご家庭に適しているでしょう。

畳のデメリット

畳のデメリットは、掃除やメンテナンス性。

畳はホコリがたまりやすく汚れもつきやすいため、こまめな掃除が必要です。

また、数年お気に裏返したり表替えをしたりする必要があり、メンテナンスに手間はかかるでしょう。

さらに、ダニやカビが発生しやすいのもデメリット。

畳の部屋は風通しを良くし、湿度が高くならないように気をつけましょう。

 

まとめ

床材にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴や掃除のしやすさを考えて、部屋ごとに適した床材を選んでみてくださいね。

どの床材を使うか迷われたら、住宅の専門家に相談するのがおすすめです。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 意外と重要!照明の色の種類と選び方のポイント

  • 家の中に侵入してくる蟻。その原因と対策は?

  • 鳥からベランダやお庭を守る!効果的な鳥害対策とは