お役立ち情報

室内窓とは?おしゃれなだけじゃないその魅力とメリット

家の中で、南向きの部屋は日当たりがいいけど反対側の部屋は日当たりが悪く暗い…風通しが悪い…

このように感じていませんか?

そんなときにおすすめなのが、室内窓を取り入れる方法です。

室内窓は、これらの悩みを解決できるほか、家族間のコミュニケーションを取りやすくなるというメリットもあります。

今回はそんな室内窓のメリットについて解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

室内窓とは?

通常、窓は、外壁に取り付けて家の中と外を仕切るものですよね。

室内窓は、部屋と部屋の仕切り、または部屋と廊下の仕切り壁に取り付けられた窓のことです。

室内窓には、実用性とインテリア性の2つの役割があります。

室内の採光や通風を改善する役割のほか、取り入れることによってお部屋のインテリアもぐんとおしゃれになります。

 

室内窓の4つのメリットとは

日当たりの悪い部屋にも光が届く「採光」

家の中でも、日当たりの良い部屋と悪い部屋がありますよね。

南東に向いた部屋は日当たりが良くても、北西の部屋はどうしても日当たりが悪くなりがちです。

部屋を仕切っているのが壁だと、当然ですが光は届きません。

ですが、室内窓を取り付ければ、日当たりの悪い部屋にも光を取り入れることができます。

 

室内に風を通す「通風」

光と同じく、部屋の境に窓を作れば風が通り抜ける家にすることができます。

室内に風の通り道をつくることで、冷気や暖気をコントロールすることも可能。

また、部屋の換気もしやすくなり、ダニやカビの発生を抑えることにもつながります。

 

家族間のコミュニケーションが取りやすくなる

部屋を仕切っているのが壁だと、当然ながら中の様子を伺うことはできません。

ですが、窓がついていると、隣の部屋にいても中の様子を伺うことができます。

子育て中の家庭では、家事をしながら隣の部屋にいる子供を見守るといったことも可能となります。

また、廊下とリビングの間に室内窓を設けていれば、家族が帰ってきたときにわかりやすいだけでなく、暗くなりがちな玄関に光を通すこともできるでしょう。

 

インテリア性もぐんとアップ

一面の壁には、絵画や写真を飾ることでにぎやかにすることができますが、室内窓があればそれだけでインテリアがぐっとおしゃれになります。

外に面した窓と違い、室内窓は雨風に晒される心配がありません。

そのため、室内窓は素材を自由に選ぶことができます。

外窓には使えない木製の窓枠など、デザイン性を重視することができます。

色ガラスやステンドグラス風のガラスを取り入れることもできるでしょう。

また、室内窓があると空間に抜けができアクセントになるだけではなく、部屋同士につながりができ、空間を広く感じることもできます。

 

まとめ

室内窓は通風や採光といった機能性だけではなく、インテリア性も高めることができます。

ただし、柱や筋交いといった構造上の柱が入っている壁には室内窓の取り付けができないなど、注意点もあります。

実際に住んで良かったと思える室内窓の設置は、プロに相談するのが一番です。

室内窓を取り入れた家づくりをしたいと思ったら、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • 新築でも要注意!チャタテムシの予防策と駆除方法

  • かわいいけど困りもの。庭を荒らす猫の侵入を防止するには?

  • 木の香りに包まれて入浴。檜風呂のメリット・デメリットとは?