岡山でデザイン、価格、性能のバランスが良い注文住宅を建てる建房

お役立ち情報

マイホームの外観に「コケ」が!発生原因と予防方法について紹介

「コケ」はマイホームの見た目と性能に悪影響!

外壁は10年、20年経つと緑のコケが目立ってきます。

コケは手入れできていないような古びた印象を受けるだけでなく、外壁自体の性能にも影響が出ます。

コケが生えていると、外壁が劣化して建物から構造材へ水分が侵入してしまう恐れがあります。

また、コケは湿った状態を作り出すのが特徴です。

湿気のあるところを好むコケは、外壁に生えたコケをさらに繁殖させて悪循環になる可能性も出てくるのです。

外壁を劣化させないためにもコケが生えてこないように予防することがとても重要になります。

 

「コケ」は家の立地条件や素材で発生しやすくなる

コケは様々な外壁に生えますが、生えやすい立地条件や壁の素材などがありますのでご紹介します。

先述しましたが、コケは湿気の多い場所を好み、さらに風通しの悪い場所だと繁殖しやすくなります

  • 水分の多い川沿いの家
  • コケの胞子が飛んできやすい林、森などの近くの家
  • 日当たりが悪い家
  • 風通しが悪い家

上記のような環境の家はコケが生えやすいので、自分の家の環境をしっかりと確認してコケに注意しましょう。

 

外壁材の種類によっては「コケ」が定着しやすい

外壁には様々な種類がありますが、特に凸凹の多いモルタル材にはコケの胞子が付きやすいため、コケが発生しやすくなります。

また、凸凹の少ないタイルなどの外壁でも、目地にコケが発生しやすくなるので注意をすべきでしょう。

コケの対処方法

コケを自分で対処する方法には以下の方法があります。

  • コケ洗浄剤の使用
  • 高圧洗浄機の使用

上記の方法でコケをご自分で対処できますが、コケがひどかったり高所にコケがあって対処できない場合は業者に依頼しましょう。

 

外壁のコケなど住んでからの家の悩みも相談に乗ります

新築の時には考えたこともなかった外壁のコケについて、家に住み始めてから数年経って悩むようになるとは思いもしないのではないでしょうか。

また、新築時から数年経っているため、施工業者に相談しづらくなっている人もいるでしょう。

建房では、完成後のアフターフォローやお施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

困ったことや疑問がありましたら、こちらからいつでもお気軽にお問い合わせください!