お役立ち情報

おしゃれなだけじゃない!壁掛けテレビのメリットとデメリット

以前は、大きく厚みがあり、置いて使うのが一般的だったテレビ。

最新のテレビは液晶となり軽量化も進み、テレビを壁掛けにして設置できるようになりました。

壁掛けテレビは、おしゃれですっきりとして見えます。

メリットはそれだけではありませんが、もちろんデメリットもあります。

きちんとデメリットも理解しておかないと、後悔してしまうことになりかねません。

そこでこの記事では、壁掛けテレビのメリットとデメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

壁掛けテレビのメリットとは?

部屋がすっきりして見える

壁掛けテレビのメリットはなんと言っても、シンプルでおしゃれに見えること。

テレビを壁掛けにする場合は、テレビ台が不要です。そのため、テレビの下の空間がとてもすっきりして見えます。

見える床の面積が広くなるため、部屋が少し広く感じるでしょう。

物が置かれてない状態なので、床の掃除も簡単になります。

 

配線のごちゃごちゃも隠せる

通常テレビまわりは、配線などもありごちゃごちゃして見えます。

配線まわりは静電気が発生し、ホコリがたまってしまう原因にもなります。

配線とホコリが絡み合い、掃除も大変ですよね。

ですが、壁掛けテレビにすると、配線はすべてテレビと壁の間に隠せてしまいます。

配線もなくすっきり、さらにホコリがたまる心配もありません。

 

地震で倒れる心配がない

リビングに大きなテレビを置いてくつろぎたいという方も多いのではないでしょうか。

ですが、大きなテレビを置いていた場合、地震の際には倒れてくる心配があります。

テレビの下敷きになって怪我をしてしまう可能性や、テレビが壊れてしまう可能性もあります。

その点、壁掛けテレビは強固な金具で固定されているため、簡単に落ちる心配はありません。

 

壁掛けテレビのデメリットとは?

テレビの位置を変えられない

壁掛けテレビは、壁に穴を開けて金具で固定します。

テレビを設置する壁には、下地を入れて補強するなどの準備も必要となります。

そのため、基本的に一度設置したらテレビの位置を動かすことができません。

移動先の壁に再度穴を開けて固定し直すことになりますし、元のテレビがあった位置の壁には設置跡の穴が残ってしまいます。

置型テレビのように気軽に位置を変えることができないため、頻繁に模様替えしたいという方には向かないかもしれません。

 

DVDやブルーレイディスク、再生機器の置き場所がない

壁掛けテレビはテレビ台が不要ですっきりさせることができますが、DVDなどのディスクやDVDプレーヤーの置き場所がないという問題が発生してしまいます。

最近では、テレビとプレーヤーが一体型となったものがあるためそういった商品を選ぶと良いでしょう。

DVDやブルーレイディスクは、他に保存場所を作らなければいけませんが、おすすめは壁掛けシェルフを作る方法です。

テレビと同じく、収納も床から浮かせて壁に造り付けるというもの。

テレビと合わせてすっきりおしゃれに見えますよ。

 

テレビを買い換えると設置し直す手間が生じる

テレビを移動させるのが難しいのと同じく、テレビを買い換えるのにも手間が生じてしまいます。

壁掛けテレビは、それぞれ専用の金具で固定する必要があります。

そのため、テレビの重さや大きさ、またメーカーが変わると専用金具も変わります。

場合によっては壁に穴を増やす必要もあるでしょう。設置し直すのにも、お金と時間がかかってしまいます。

 

まとめ

壁掛けテレビにするとお部屋がおしゃれになるだけでなく、掃除しやすいなどのメリットがあります。

デメリットもしっかり理解したうえで、自分に合った方法で取り入れたいですね。

壁に下地を入れて補強したり、穴を開けて固定する必要のある壁掛けテレビは、新築時に検討するのがおすすめです。

壁掛けテレビにしたいと思われている方は、ぜひ一度住宅の専門家に相談してみてくださいね。

 

建房では、お施主様の要望を盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしながら進めております。

また、困ったことや疑問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

もっと Kenbo を知る

Recommend

おすすめ記事

  • キッチンの使い勝手が変わる!意外と重要なキッチン照明の選び方

  • 安全な鍵の受け渡しを実現する「スマートキーボックス」とは?

  • ひと味違ったリラックス空間!室内ハンモックの魅力とは